MENU

プロミスの審査に落ちたらもうどこからも借りられないのか

プロミスに申し込みをしたけど審査に落ちてしまった場合、プロミス以外の消費者金融や、または銀行のカードローンでの借り入れもできないのかと不安に感じる方もいるのではないでしょうか。

 

実際にはプロミスの審査に落ちたからといって他社での利用もできないわけではないのですが、状況によってはもうお金が借りられなくなっている場合もあります。

 

プロミスの審査に落ちたからというよりも自身のおかれている状況が重要となるので、プロミスで審査に落ちてしまったからといって他社利用を諦めるのではなく、まずは自身の状況を確認して次に他社に申し込みをすべきかどうかを考えてみると良いでしょう。

 

平日も土日も24時間申し込み可能
プロミス
最短1時間融資でスピーディ

 

プロミスの審査に落ちた理由による

プロミス 審査落ちた

プロミスの審査に落ちてしまった理由によっては、他社での借り入れが難しい場合もあります。特に多いのが他社での借り入れが多すぎる、返済に問題があるといったもので、どちらかに該当をしてしまうとプロミス以外でも審査に落ちる結果となってしまいます。

 

他社での借り入れが多すぎる

年収の3分の1までの総量規制を超える借り入れを抱えてしまっている場合には、他社に申し込みをしても審査に通りません。

 

返済に問題を抱えている

カードローンの返済やクレジットのカードの支払いなど、現時点で期日から遅れてしまっている場合にはどこでも借りられません。

 

信用情報に問題がある

過去に債務整理や大きな返済の遅れの履歴がある場合には、大手消費者金融や銀行での借り入れは難しいです。

 

上記以外であれば借りられる可能性も

プロミスで審査に落ちてしまう場合には上に挙げたいずれかに該当をしている場合が多く、審査落ちの理由は教えてはくれませんが、上記のいずれかと推測ができる場合には他社での借り入れも難しくなります

 

過去の信用情報の履歴であれば大手消費者金融や銀行ではなく、中小の消費者金融なら大目に見てくれる可能性はあるものの、プロミスやアコムといったような大手の消費者金融や、低金利での借り入れが魅力となる銀行カードローンではまず審査には通りません

 

いずれにも該当をしないのであれば他社でお金が借りられる可能性はあるので、安定した収入や年齢などの利用条件で定める各項目がクリアできているのであれば、プロミスで審査に落ちてしまったとしても他社への申し込み、審査を受けてみる価値はあります。

 

各サービスで審査基準は異なる

消費者金融は各社各サービスで金利や限度額が似たような内容となっています。下限金利や限度額上限には違いはあるものの、実際に借りる際には10万円や20万円程度の限度額、上限金利での契約となる場合が多いので差はありません。

 

それでも消費者金融各サービスごとの審査基準は異なっており、プロミスで審査に落ちてしまっていても似た条件の他社大手消費者金融なら審査に通るといったことも決して珍しくはありません。

 

申し込みをしてみないと審査に通るか、借りられるかどうかは分からないので、プロミスで審査落ちとなっても上のいずれにも該当をしないのであれば諦める必要はないのです。

 

ただ、だからといって手当たり次第に申し込みをするのは良くありません。申し込みだけでも信用情報機関には履歴として残ってしまい、短期間での多くの申し込み履歴は審査でマイナスとされる可能性があるので慎重に進めてください。

 

大手でダメなら中小消費者金融も考えてみる

いくら各社各サービスで審査基準が異なるとはいっても、いくら申し込みをしても審査に通らない場合もあります。総量規制の範囲内での借り入れでも件数が多かったり、収入が少なかったりすると審査通過が難しくなってしまい、大手で全滅となったら中小の消費者金融を考えてみるしかありません。

 

中小消費者金融なら大手で審査に落ちてしまった方も、総量規制内であれば貸してくれる可能性はあります。その代わり、大手のような対応の親切さや便利さは求められず、借りられる金額も5万円程度になる場合も多くなってしまいます。

 

とりあえずの借り入れ先、緊急的に少額を借りるというのであれば中小消費者金融も選択肢には入りますが、大手では借りられないぐらいに借り入れが増えている状態で中小消費者金融から借りたとすると、今後の返済はかなり厳しくなるということは頭に入れておくべきです。

 

大手がダメなら諦めるという選択肢

プロミスの審査に落ちた、その他の大手消費者金融も審査に通らなかったという場合には、借り入れ自体を諦める選択を持っても良いかもしれません。

 

それだけ審査に落ちるということは返済が苦しくなる、今後の返済が正常に行えなくなるのではないかと考えられているためで、それ以上に借りたところで実際に返済に困窮してしまう可能性も高いです。

 

返済ができなくなれば大きな問題となり、信用情報機関にネガティブな情報が記録されるようなことがあればこれから数年間に渡ってローン審査も、クレジットカードの審査にも通らなくなってしまいます。

 

そうなる前に、余計な借り入れを増やすのではなく今ある借金をどうにかして減らすといったことを考えてみるのも、結果的に自身のためになるのではないでしょうか。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスならパソコンやスマホで来店不要のWeb完結契約が可能で、契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒での振り込みによる借り入れも利用できます。平日も土日もすぐに借りたい方に特に人気が高く、借りられるか不安でも申し込み前に簡単な診断が行えるので安心です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
30日間無利息サービス

メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で、初回借り入れの翌日から30日間が無利息になるお得なサービスがあります。

プロミスの審査に落ちたらもうどこからも借りられないのか関連ページ

プロミスの即日融資は何時まで可能なのかしっかり確認
プロミスの返済金額は毎月いくらからなのかを確認して借りる
ゆうちょにカードローンはある?郵便局でお金を借りる方法
後払いできる通販で買ったけど支払いができない場合
誰でも絶対に借りれる金融やキャッシング・カードローンはあるのか
即日融資無審査のカードローンやキャッシングはある?無審査でお金を借りたい
お金を借りたいけど審査に通らない方に見てほしい審査に通るポイント
他社で借り入れがあっても借りられる?
お金が借りれない!どうする?審査に通るカードローンやキャッシングはまだある
街金とは?口コミでも評判の人気の街金融で安心して借りる
サラ金とは?金利や取り立てが不安に感じる方にもおすすめのサラ金
アコム増額の方法は?インターネットで断られたら増額できない?
プロミスはボーナス払いの設定はできる?カードローンとボーナス払いの関係
プロミスの無人機は全国各地のあらゆる場所に設置がされている
プロミスは連帯保証人は不要でお金が借りられる
プロミスは土日でも融資可能!週末でも祝日でも即日借りられる
プロミスの枠がいくらに設定されるかは審査によって決まる
プロミスと銀行カードローン、借りるならどっちがいい?
プロミスは全額返済をしたら解約になるわけではない
プロミスの利用履歴は審査に何かと影響をしてくる
現金を借りるならやっぱりプロミスが早くて便利
返済の滞納は危険!期日から遅れないように返済を進める
プロミスATMの営業時間は何時まで?ATM利用手数料も確認
プロミスの最短での借り入れ方法を知って短時間でお金を借りる
在籍確認なしでお金を借りることはできない
プロミスは年会費も入会金も不要!余計な費用なく必要なときに借りられる
本人確認書類で最も強いのは免許証!プロミスの契約でもあると便利
プロミスの利息が高い!利息を少なくする方法はないの?