MENU

プロミスの利息が高い!利息を少なくする方法はないの?

プロミスは金利が実質年率で4.5%~17.8%となっていますが、金利を見ただけでは実際の返済時にどの程度の利息の支払いが必要となるのかが分かりにくいです。

 

利息の計算方法を知り、自身で電卓で計算をすればかかる利息が算出できますが、プロミスでお金を借りる前に計算をしなかった場合には、思った以上にプロミスの利息が高いと感じられる場合もあります。

 

消費者金融での借り入れとなるプロミスは低金利の銀行カードローンなどと比べるとどうしても利息が高くついてしまうのですが、それでも違法な利息ではないため、借りた以上はしっかりと返済と支払いをしなければなりません。

 

平日も土日も24時間申し込み可能
プロミス
最短1時間融資でスピーディ

 

なぜプロミスの利息は高いのか

プロミス 利息 高い

プロミスの利息が高い大きな理由が、単純に金利が高いためです。金利は下限であれば実質年率4.5%となりますが、実際に借りる際に適用がされる金利は17.8%となる場合が多いです。

 

特に初回契約の場合ではプロミスで定める上限金利の適用となってしまい、限度額の増額となるとまた話は変わってきますが、はじめてプロミスで借りる場合にはどうしても金利が高くなります。

 

金利が高くなればそれに伴って返済時に支払う利息も高くなってしまうので、プロミスでのカードローン利用においては利息が高い結果となってしまうのです。

 

金利は利息の高さ低さに大きく関係する

金利が高ければ利息も高くなるとはいっても、そもそもの利息の計算方法が分からないとどうにも納得ができないという方も少なくありません。

 

何もプロミス側で利息を水増ししているわけではなく、利息は「借り入れ金額×金利÷365×借り入れ日数」で計算がされているので、自身のプロミスでの利用状況を当てはめてみると返済時に支払うべき利息も納得の数字となります。

 

例えば、実質年率17.8%で10万円を30日間借りている場合には「10万円×17.8%÷365×30日」の計算となり、導き出される利息は1,463円となっているのが分かります。

 

金利は年率となり、利息は借りた日数分の日割り計算となるため、上記のような計算式で利息が算出されています。計算式の「365」は1年間のうちの借りた日数で割るためのものであり、1年が366日となる「うるう年」の場合には利息計算が若干異なる場合があります。

 

プロミスの利息を安く済ませる方法

いくら金利に納得をして借りたからといって、いつまでも高い利息でプロミスへの返済を続けるのも負担となってしまいます。そこで、プロミスで借りているお金の利息を減らす方法について考えてみます。

 

積極的な返済で借り入れ金額を減らす

上に挙げた利息の計算式を見ると、借り入れ金額によって利息が変わるようになっているのが分かります。例を挙げると分かりやすいので以下でそれぞれの利息を計算していますが、借り入れ金額が減れば金利や借りている期間が同じだとしても、かかる利息は大きく減少していきます。

 

10万円を借りている場合

1,463円の利息(17.8%/30日間の借り入れ)

 

7万円を借りている場合

1,024円の利息(17.8%/30日間の借り入れ)

 

5万円を借りている場合

731円の利息(17.8%/30日間の借り入れ)

 

3万円を借りている場合

438円の利息(17.8%/30日間の借り入れ)

 

利息が高い中で返済を積極的に進めるというのも難しい部分はありますが、毎月の返済を少し上乗せしていくだけでも大きく変わってくるのでコツコツと返済を進めて利息が減らせるようにしておくと良いでしょう。

 

無利息サービスを活用する

プロミスで初めて契約をする場合に限られてしまいますが、プロミスではメールアドレスの登録とWeb明細の利用登録を行うと、初回借り入れの翌日から30日間が無利息となります。

 

無利息期間内であれば金利にかかわらず利息が発生しないので、普段であれば高いプロミスの利息も気にせずに返済が行えます。

 

プロミスでの契約金利を下げてもらう

ハードルが高くなる方法ではありますが、金利が下がればかかる利息も低くなるため、プロミスでの契約金利を下げてもらえれば同じ借り入れ金額でも利息は安くなります。

 

ただ、金利はそう簡単に下げてもらえるものではなく、プロミスでも限度額が増額されるなどの契約内容が変わるタイミングなどでないと金利の引き下げはなかなか実現ができません

 

低金利への借り換えを考えてみる

積極的な返済が難しく無利息期間も経過してしまっている場合、それでも利息を下げたいとなればプロミスよりも金利が低いところへの借り換えを考えるぐらいしかありません。

 

銀行のカードローンであればプロミスよりも3%以上もの低金利で借りられる可能性があり、今後の利息負担も軽くなると考えられますが、問題となるのは銀行カードローンの審査基準です。

 

低金利のカードローンも当然ながら無審査ではなく借りるための審査が行われますが、審査が厳しく、申し込みをしても審査に通らない可能性も高くなってしまうので、審査落ちによって余計な履歴が信用情報機関に残ってしまうデメリット、リスクもあります。

 

利息を知った上で計画的に借りるようにする

何も知らずに借りてしまうとプロミスの利息が高いとなってしまいますが、利息の計算方法や負担を知ってからプロミスでお金を借りるようにすれば、想定外に利息が高いといったことは避けられます。

 

それでも目的ローンとは比べるまでもなく、銀行カードローンと比べても利息が高いのは事実ではありますが、知ってから借りるのと知らずに借りるのでは利息が高いと感じられる度合いも変わります。

 

想定外に利息が高くつくともともと考えていた返済の計画も崩れてしまうので、プロミスでお金を借りるにあたってはしっかりと返済のシミュレーションを行った上で、余裕のある返済ができるようにしておかなければなりません。

 

利息の支払いが減らせるような利用を心掛ける

プロミスの毎月の返済がギリギリになってしまうと、余裕のある返済ができないために借り入れ残高が減っていかず、いつまで経っても利息が高くつくままとなってしまいます。

 

なるべく利息を抑えて借りたいのであれば毎月の返済には余裕が持てるようにしておき、借り入れ残高を積極的に減らせるような借り方、使い方を心掛けておくべきです。

 

余裕を持って計画的に使えばプロミスの利息がそこまで高いと感じられることもなくなるので、限度額があるからと無計画に借りるのではなく、しっかりと考えて計画的に、借りすぎないカードローン利用としてください。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスならパソコンやスマホで来店不要のWeb完結契約が可能で、契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒での振り込みによる借り入れも利用できます。平日も土日もすぐに借りたい方に特に人気が高く、借りられるか不安でも申し込み前に簡単な診断が行えるので安心です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
30日間無利息サービス

メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で、初回借り入れの翌日から30日間が無利息になるお得なサービスがあります。

プロミスの利息が高い!利息を少なくする方法はないの?関連ページ

プロミスの即日融資は何時まで可能なのかしっかり確認
プロミスの返済金額は毎月いくらからなのかを確認して借りる
ゆうちょにカードローンはある?郵便局でお金を借りる方法
後払いできる通販で買ったけど支払いができない場合
誰でも絶対に借りれる金融やキャッシング・カードローンはあるのか
即日融資無審査のカードローンやキャッシングはある?無審査でお金を借りたい
お金を借りたいけど審査に通らない方に見てほしい審査に通るポイント
他社で借り入れがあっても借りられる?
お金が借りれない!どうする?審査に通るカードローンやキャッシングはまだある
街金とは?口コミでも評判の人気の街金融で安心して借りる
サラ金とは?金利や取り立てが不安に感じる方にもおすすめのサラ金
アコム増額の方法は?インターネットで断られたら増額できない?
プロミスはボーナス払いの設定はできる?カードローンとボーナス払いの関係
プロミスの無人機は全国各地のあらゆる場所に設置がされている
プロミスは連帯保証人は不要でお金が借りられる
プロミスは土日でも融資可能!週末でも祝日でも即日借りられる
プロミスの枠がいくらに設定されるかは審査によって決まる
プロミスと銀行カードローン、借りるならどっちがいい?
プロミスは全額返済をしたら解約になるわけではない
プロミスの利用履歴は審査に何かと影響をしてくる
現金を借りるならやっぱりプロミスが早くて便利
返済の滞納は危険!期日から遅れないように返済を進める
プロミスATMの営業時間は何時まで?ATM利用手数料も確認
プロミスの最短での借り入れ方法を知って短時間でお金を借りる
在籍確認なしでお金を借りることはできない
プロミスは年会費も入会金も不要!余計な費用なく必要なときに借りられる
本人確認書類で最も強いのは免許証!プロミスの契約でもあると便利
プロミスの審査に落ちたらもうどこからも借りられないのか
カードローンで借りやすいのはどこ?審査や使いやすさが気になる方に
学生ローンはどこがおすすめ?学生が借金をする場合の注意点