MENU

プロミスと銀行カードローン、借りるならどっちがいい?

カードローンやキャッシングと言えば少し前までは消費者金融が主であり、銀行で借りるというのはそこまで多くはなかった時代もありました。しかし、今ではカードローンは消費者金融も銀行もどちらも選べる時代になっており、借り入れ先が決まっていない状態ではまずプロミスやアコムなどの消費者金融か、または銀行かで迷ってしまいます。

 

それぞれにはメリットやデメリットがあるのでどちらがいいとは一概には言えませんが、消費者金融と銀行のカードローンの特徴や違いを知れば、どちらで借りるのが自身にとって適しているかが分かります。

 

まずはカードローンやキャッシングを利用するにあたっての希望内容をしっかりと固めておき、それに適した借り入れ先を選ぶようにすれば、自然とプロミスをはじめとする消費者金融で借りるべきか、銀行のカードローンを利用すべきかが見えてきます。

 

平日も土日も24時間申し込み可能
プロミス
最短1時間融資でスピーディ

 

早くに借りるなら消費者金融が強い

プロミス 銀行

カードローンやキャッシングを利用してお金を借りる場合に、とにかく早くにお金が必要、今すぐにお金がほしいとなれば選択肢はプロミスとなります。プロミスだけでなく消費者金融全般に言えることですが、銀行よりも審査や契約、借り入れにかかるまでの時間が短いため、すぐに借りたいときに最適です。

 

プロミスなら来店不要のWeb申し込みでも審査回答は最短30分借り入れは最短1時間ととにかく早いです。お金を借りるためには審査なしとはいかずに必ず審査が必要となり、その審査で時間がかかってしまっては早くに借りられませんが、プロミスならスピーディな審査で時間がかかりません

 

これが銀行のカードローンとなるとどんなに早くても審査回答は翌営業日となり、借り入れに関しても契約後となるため、どうしても時間がかかります。借り入れのために口座開設が必要となる銀行カードローンの場合にはさらに時間がかかり、借り入れ先によっては1週間や2週間といった長い期間を要する場合もあります。

 

カードローン選びにおける「早さ」は重要なポイントとなるため、早さを重視してカードローンを選ぶならプロミスから、またはその他のノンバンクとされる消費者金融から見ておくと良いでしょう。

 

金利を気にするなら銀行カードローン

早さはそこまで気にしない、申し込み後ある程度の期間であれば待てる代わりに低金利で借りたいといった方は、適するのが銀行カードローンです。銀行カードローンは審査や契約、借り入れに時間がかかる代わりに低金利となる場合が多く、上限金利で借りたとしてもプロミスよりも4%程度低くなるところがほとんどです。

 

金利が低ければ当然ながら返済時に支払う利息額は少なく抑えられ、毎月の返済金額に対する利息の負担は軽くなります。ただ、金利が低いからと言って毎月の返済金額が少なく設定されているとは限らず、金利は低くても借り入れ金額に対する一回当たりの返済金額は大きく設定がされている銀行もあります。

 

金利が低く毎月の返済金額が大きければそれだけ完済までにかかる期間が短く済むため、最終的な支払総額は大幅に抑えられます。その代わりに毎月の返済負担は大きくなりがちなため、一回当たりの返済金額を少なくしたいからと言って低金利での借り入れを希望するというのは、カードローンの間違った選び方になってしまいます。

 

10万円を借りたとした場合の返済例

分かりやすくするために極端な例を挙げてみます。

 

金利が年2.0%~14.0%とプロミスの実質年率4.5%~17.8%と比べても大幅に低くなるみずほ銀行のカードローンは、金利を見るとプロミスよりも軽く、返済にかかる負担も軽く感じます。しかし、返済金額といった部分だけで見ると実際には異なります

 

みずほ銀行カードローンもプロミスも借り入れの残高によって返済の金額が変わり、例えば10万円を借りているとした場合には、毎月の返済金額は以下のようになります。

 

  • プロミス:4,000円
  • みずほ銀行:10,000円

 

金利が低いからといって毎月の返済金額も軽くなるとは限らない例で、毎月に少しずつの返済で借りたい場合には、金利ではなく借り入れ残高に応じた返済の金額を見ておく必要があります。

 

ただ、上記の例であれば、30日間でかかる利息はそれぞれ上限金利で借りたとした場合にはプロミスが1,463円になるのに対し、みずほ銀行カードローンでは1,150円と安くなります。

 

毎月の返済金額が負担にならないのであれば、多めの返済で利息も少ないとなれば当然ながら低金利での借り入れのほうが最終的な返済総額は抑えられるので、無駄な利息を支払いたくないと考える方は銀行カードローンを見ておくと良いでしょう。

 

避けては通れない審査の注意点

審査はプロミスをはじめとする消費者金融でも必ず行われますが、審査の内容に関しては消費者金融と銀行では大きく異なります。消費者金融と銀行というよりは借り入れ先それぞれの審査基準があるので大きく異なりますが、基本的に銀行のカードローンは消費者金融に比べて審査が厳しいとされています。

 

いくら低金利で借りられるのが魅力とは言っても審査に通らないとなれば意味がなく、借りられなければ金利が低くても何の意味も成しません。銀行で借りることを考えるなら審査にも気を付けておく必要があり、そもそも銀行で借りられるだけの、銀行の審査に通るだけの状況にあるかも考えなければなりません。

 

審査の内容に関してはどの消費者金融も銀行も明かしてはいませんが、銀行カードローンで借りるためにはある程度の収入が必要となるため、アルバイトやパートの方ではどうしても難しいです。

 

また、クレジットカードのキャッシングも含めて他社での借り入れが多い場合にも銀行カードローンの審査通過は難しくなってしまうので、銀行での借り入れを考える際に自身の状況をよく確認しておくようにしましょう。

 

早さや手軽さならプロミスが強い

銀行のカードローンは借りた後であれば金利の低さは魅力となりますが、そもそも借りられない可能性が高いなどの欠点もあります。借りられないとしても審査の結果が出るまでに時間がかかり、数営業日も待たされた挙句に審査落ちの連絡が届くこともあり、どうしても時間を無駄にしがちです。

 

その点、プロミスなら審査でOKだとしてもNGだとしても、回答は最短30分ととにかく早いです。審査回答後の契約も最短即日で行え、平日だけでなく土日でも融資が可能ととにかく便利に利用ができるのが大きな利点となります。

 

金利は銀行カードローンと比べると高くなってしまうので返済には気を付ける必要がありますが、プロミスならメールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で初回借り入れの翌日から30日間が無利息となるため、返済の負担もある程度は軽減ができます。

 

継続しての金利負担の軽減とはならないので毎月の返済を多めに進めるなど積極的に借り入れ残高を減らす工夫は必要となるものの、お金が足りないときにすぐに借りられる便利さは銀行カードローンにはないため、手軽に素早く借りたいなら銀行よりもプロミスがおすすめです。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスならパソコンやスマホで来店不要のWeb完結契約が可能で、契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒での振り込みによる借り入れも利用できます。平日も土日もすぐに借りたい方に特に人気が高く、借りられるか不安でも申し込み前に簡単な診断が行えるので安心です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
30日間無利息サービス

メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で、初回借り入れの翌日から30日間が無利息になるお得なサービスがあります。

プロミスと銀行カードローン、借りるならどっちがいい?関連ページ

プロミスの即日融資は何時まで可能なのかしっかり確認
プロミスの返済金額は毎月いくらからなのかを確認して借りる
ゆうちょにカードローンはある?郵便局でお金を借りる方法
後払いできる通販で買ったけど支払いができない場合
誰でも絶対に借りれる金融やキャッシング・カードローンはあるのか
即日融資無審査のカードローンやキャッシングはある?無審査でお金を借りたい
お金を借りたいけど審査に通らない方に見てほしい審査に通るポイント
他社で借り入れがあっても借りられる?
お金が借りれない!どうする?審査に通るカードローンやキャッシングはまだある
街金とは?口コミでも評判の人気の街金融で安心して借りる
サラ金とは?金利や取り立てが不安に感じる方にもおすすめのサラ金
アコム増額の方法は?インターネットで断られたら増額できない?
プロミスはボーナス払いの設定はできる?カードローンとボーナス払いの関係
プロミスの無人機は全国各地のあらゆる場所に設置がされている
プロミスは連帯保証人は不要でお金が借りられる
プロミスは土日でも融資可能!週末でも祝日でも即日借りられる
プロミスの枠がいくらに設定されるかは審査によって決まる
プロミスは全額返済をしたら解約になるわけではない
プロミスの利用履歴は審査に何かと影響をしてくる
現金を借りるならやっぱりプロミスが早くて便利
返済の滞納は危険!期日から遅れないように返済を進める
プロミスATMの営業時間は何時まで?ATM利用手数料も確認
プロミスの最短での借り入れ方法を知って短時間でお金を借りる
在籍確認なしでお金を借りることはできない
プロミスは年会費も入会金も不要!余計な費用なく必要なときに借りられる
本人確認書類で最も強いのは免許証!プロミスの契約でもあると便利
プロミスの利息が高い!利息を少なくする方法はないの?