MENU

サラ金とは?金利や取り立てが不安に感じる方にもおすすめのサラ金

サラ金と聞いたとき、どのようなことをイメージするでしょうか。今ではイメージもだいぶ変わったものですが、一昔前のサラ金のインパクトが強かったこともあり「サラ金は金利が高い」「サラ金は取り立てが厳しい」と感じている、思っている方も少なくありません。

 

たしかに貸金業法が改正される前、多くの貸金業者がサラ金と呼ばれていた時代はそのイメージの通り、金利は上限で29.2%のグレーゾーンで、取り立ては一部業者がテレビなどでも取り上げられるほどに厳しく行っていたため、サラ金に対する印象いうものはそれでも間違いではないとも言えます。

 

ただ、現在のサラ金はその当時とは異なり、様々な面で大きな変化があります。金利にしても取り立てにしても、そもそものサラ金としての審査や対応状況等においても今と昔のサラ金では大きく異なります。

 

平日も土日も24時間申し込み可能
プロミス
最短1時間融資でスピーディ

 

そもそもサラ金とは何か

サラ金とは

サラ金とはサラリーマン金融の略称で、サラリーマンのように働く方を対象とした消費者向けの金融業者、貸金業者を指す言葉です。実際にはサラリーマンに限らずパート主婦の方、アルバイトの方などでも利用ができるのですが、主な顧客がサラリーマンであったことからサラリーマン金融、サラ金と呼ばれるようになったと言われています。

 

現在ではサラ金という言葉はあまり聞かなくなりつつありますが、その理由の一つとしてサラ金という呼び名ではなく、消費者向けの金融業者、貸金業者は「消費者金融」と呼ばれることが多くなったためです。消費者金融と聞けば消費者向けの金融サービスと分かりやすく、サラ金と聞くよりもイメージが良いことで多くの場合で消費者金融という言葉が使われるようになっています。

 

つまり「サラ金=消費者金融」であり、大手のTVCMでも見かけるようなプロミスやアコム、アイフル、SMBCモビットといった有名なところでさえサラ金となるのです。

 

サラ金は金利が高いのは本当か

一昔前のグレーゾーン金利時代の名残もあり、サラ金はどうしても金利が高いと思われがちです。ただ、サラ金=消費者金融であるため、特別に金利が高いといったことや、違法な金利での貸し付けを行うといったことはありません。

 

現在はグレーゾーン金利がなくなり、10万円未満は20.0%、10万円から100万円未満までは18.0%、100万円以上は15.0%が金利の上限としっかりと定められたことで、サラ金での借り入れにおいても決められた金利内での契約となります。以前のような不透明な高い金利はなくなったことで、サラ金でも安心して借りられるようになっています。

 

ただし低金利の銀行カードローンなどと比べればサラ金の金利が高くなってしまうのは事実であるため、早くに借りられる大きなメリットがある半面、銀行などの低金利カードローンを見てしまうとサラ金の金利はどうしても高くなるのは妥協が必要な部分でもあります。

 

銀行と比べて金利が高い代わりのメリット

銀行のカードローンは借り入れ先にもよりますが、上限金利が低いために少額利用でも年14.8%程度となるところが多いです。例えば10万円を借りるとした場合、サラ金であれば上限で18.0%の金利がとられる可能性がありますが、銀行カードローンなら年14.8%の金利で借りられる可能性があります。

 

3%以上の金利差となると利息負担にも大きな違いが生じますが、金利が高い分だけサラ金は銀行では不可となる申し込み当日の即日融資の利用が可能であったり、アルバイトやパートの方など収入は安定していても年収が多くない方であっても利用がしやすくなっています。

 

サラ金だからといって審査なしでお金を借りることはできませんが、サラ金であれば銀行では利用が難しい方でも借りられる可能性があるため、金利が高い代わりにすぐ借りられる、多くの方が利用がしやすいという大きなメリットがあります。

 

サラ金は取り立てが厳しいのか

今ではあまり聞かなくなりましたが、過去にはサラ金の暴力的な取り立てがTVや新聞をたびたび騒がせていました。グレーゾーン金利時代、高い金利での過剰な貸し付けにより返済ができなくなる借り手が増え、一部のサラ金は暴力的な取り立てによって無理やりにでも回収を使用していたこともあります。

 

そのときのイメージが強すぎるために今でもサラ金は取り立てが厳しいと感じている方も少なくありませんが、現在のサラ金は返済ができなくなれば催促の連絡や通知等はあるものの、一昔前のような暴力的な取り立ては起こり得ないようになっています。

 

貸金業法によって取り立てに関する厳しい規制が設けられていることにより、朝から晩までひっきりなしに連絡がきたり、複数人で自宅等に押し掛けるといった厳しい取り立てはできなくなっています。だからといって返済を疎かにしてもいいわけではありませんが、何らかの事情によって返済が遅れることになってしまったとしても、しっかりと相談をしておけば大手のサラ金、消費者金融なら話を聞いてくれるようにもなっています。

 

取り立てが厳しくなくても連絡は来る

現在のサラ金は取り立てが厳しくなくなったとは言え、期日を過ぎても入金も連絡もなければ当然ながら連絡は来ます。連絡の頻度こそ過去に比べれば減っていますが、サラ金である消費者金融の各社各サービスとも貸したお金は返してもらわなければならないため、しっかりと連絡はしてきます。

 

違法な取り立てにならないラインでの電話連絡、催促状や督促状は届くこととなるため、取り立てが厳しくなくなったからといって返済をしなければ面倒なことになるのは変わりはありません。また、返済がされなければ信用情報機関にもネガティブな情報が記録されることとなるため、お金を借りるなら返済はしっかりと行わなければなりません。

 

もしどうしても返済が難しい状況に陥ってしまった場合には、黙って返済に遅れてしまうのではなく、まずは連絡をして相談をするようにしてください。大手の信頼ができるサラ金であれば相談に対しても親身になって対応をしてくれる場合もあるので、例えばその月は利息分だけの入金でOKとしてくれるなど相談をしておけば何らかの対処法を提示してくれる可能性があります。

 

安心ができるサラ金で借りる

サラ金と聞くと悪い、怖いといったイメージがあるものですが、それぞれ上で触れたように現在のサラ金なら安心してお金が借りられるようになっています。ただ、一点だけ注意をしておきたいのはサラ金と闇金は完全な別物ということです。

 

サラ金は街金なども含めた正規の貸金業者、つまり現在でいうところの消費者金融であるのに対し、闇金は貸金業者としての登録をしておらず、違法な金利で貸し付けを行う悪徳業者です。サラ金でお金を借りたつもりが闇金だったとなれば、それは大きなトラブルの原因にもなりかねません。

 

中小のサラ金となるとしっかりと調べておかないと実態がよくわからないため、サラ金でお金を借りるなら安心ができる信頼の大手としておくのが無難です。例えばプロミスもサラ金に分類される消費者金融となりますが、SMBCコンシューマーファイナンスが提供するサービスブランドであるためにサラ金利用が初めての方でも安心ができます。

 

すぐにお金がほしいといった状況でも最短1時間の素早い融資で対応をしてくれるのもプロミスの魅力の一つであるので、急な出費等でお金がない状況に陥ってしまった場合には、プロミスをはじめとする大手のサラ金、消費者金融を頼ってみるのも良いでしょう。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスならパソコンやスマホで来店不要のWeb完結契約が可能で、契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒での振り込みによる借り入れも利用できます。平日も土日もすぐに借りたい方に特に人気が高く、借りられるか不安でも申し込み前に簡単な診断が行えるので安心です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
30日間無利息サービス

メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で、初回借り入れの翌日から30日間が無利息になるお得なサービスがあります。

サラ金とは?金利や取り立てが不安に感じる方にもおすすめのサラ金関連ページ

プロミスの即日融資は何時まで可能なのかしっかり確認
プロミスの返済金額は毎月いくらからなのかを確認して借りる
ゆうちょにカードローンはある?郵便局でお金を借りる方法
後払いできる通販で買ったけど支払いができない場合
誰でも絶対に借りれる金融やキャッシング・カードローンはあるのか
即日融資無審査のカードローンやキャッシングはある?無審査でお金を借りたい
お金を借りたいけど審査に通らない方に見てほしい審査に通るポイント
他社で借り入れがあっても借りられる?
お金が借りれない!どうする?審査に通るカードローンやキャッシングはまだある
街金とは?口コミでも評判の人気の街金融で安心して借りる
アコム増額の方法は?インターネットで断られたら増額できない?
プロミスはボーナス払いの設定はできる?カードローンとボーナス払いの関係
プロミスの無人機は全国各地のあらゆる場所に設置がされている
プロミスは連帯保証人は不要でお金が借りられる
プロミスは土日でも融資可能!週末でも祝日でも即日借りられる
プロミスの枠がいくらに設定されるかは審査によって決まる
プロミスと銀行カードローン、借りるならどっちがいい?
プロミスは全額返済をしたら解約になるわけではない
プロミスの利用履歴は審査に何かと影響をしてくる
現金を借りるならやっぱりプロミスが早くて便利
返済の滞納は危険!期日から遅れないように返済を進める
プロミスATMの営業時間は何時まで?ATM利用手数料も確認
プロミスの最短での借り入れ方法を知って短時間でお金を借りる
在籍確認なしでお金を借りることはできない