MENU

他社で借り入れがあっても借りられる?

カードローンでお金を借りたいと思っても、既に他社での借り入れを抱えている方は新規で借りられるのか、審査に通るのかが不安に感じられてしまうものです。他社で借りていると借りられないのではないか、他社で借り入れがあっても借りられるのかどうかというのはどうしても気になってしまいます。

 

しかし、結論から書いてしまうと他社で借り入れがあるとしても新規での借り入れ、審査通過は可能です。他社借り入れがあっても現状に問題がなく、返済が正常に行えると判断されるのであれば新たなカードローン利用は十分に可能となります。

 

平日も土日も24時間申し込み可能
プロミス
最短1時間融資でスピーディ

 

他社借り入れがある方の注意点

他社借り入れあっても借りれる

他社で借り入れがあっても新規でのカードローン利用は可能となりますが、以下に該当をする場合には難しくなります。

 

  • 借り入れが年収の3分の1まで達している
  • 他社借り入れの返済が滞っている
  • あまりにも他社借り入れ件数が多すぎる

 

年収の3分の1は総量規制によって定められているラインであり、達している、または近い水準まで借り入れが増えてしまっていると審査通過が難しくなります。他社借り入れがあっても借りられるのがカードローンですが、あくまで審査に通過をすればといった話になるので、審査に通らない総量規制に達してしまっている方は新規でのカードローン利用はできません

 

他社借り入れの返済が正常に行えていない方も同様で、他社への返済が遅れている、不足での入金となっている場合には今後の返済も正常に行える見込みが薄れてしまうため、審査に通らずにお金が借りられません

 

また、具体的に何件までといった線引きは不明ですが、あまりにも件数が多すぎる場合にも難しくなります。年収の3分の1までは達していないとしても借り入れの件数が増えすぎれば返済の負担が大きくなってしまうので、借り入れが難しくなります。

 

他社借り入れがある場合のポイント

他社借り入れがある方のカードローン利用の際には、なるべく少額としておくのが大きなポイントとなります。カードローンは件数が増えると返済の負担が非常に大きくなってしまうため、2件目3件目と大きな金額で借り入れを重ねると返済が正常に行えなくなってしまう危険性もあります。

 

返済ができなくなるといった問題を起こさないように、しっかりと正常に返済を行うため、無理なく毎月の返済を進めるためにも、他社借り入れがある方は少額での申し込みとし、必要最低限での借り入れに留めるようにしてください。

 

カードローンの申し込み金額は少額だからといって審査で不利になることもなく、例えば必要な金額が5万円なら5万円希望で申し込みをしても問題ありません。むしろ少額希望のほうが審査が比較的早くに終わりやすいので、すぐにお金がほしいときなどにも少額希望での申し込みは効果的です。

 

他社利用が審査で有利になる場合もある?

必ずしもそうとも言い切れませんが、他社借り入れやカードの支払い、クレジットカードキャッシングの利用などは、正常な履歴であれば審査では良い方向に働く可能性があります。

 

クレジット履歴は信用情報機関に一定期間にわたって記録がされており、どのカードローンサービスでも審査の際には確認をしているため、直近の正常な履歴があると審査では良い材料として判断される場合があります。逆に直近の利用履歴、返済履歴が悪いものであると審査では不利になってしまうため、正常な返済を重ねているのであれば他社利用もそこまで不安に感じることもありません。

 

ただ、他社での返済が正常に行えているからといってカードローンは無審査で貸付を行ってくれるのではなく、一定の審査基準をクリアしなければなりません。審査基準が厳しい銀行カードローン、低金利ローンなどでは他社利用が不利になる場合もあるので、他社で借り入れがある方のカードローン利用は慎重に選ぶようにすると良いでしょう。

 

収入を証明する書類は用意しておきたい

どこからも借りていない状態で少額の利用をする際には、金額次第ではありますが免許証だけで借りられるといったカードローンも少なくありません。しかし、他社借り入れがある場合には追加で収入を証明する書類が必要となる場合があるので、事前にしっかりと用意をしておくと安心です。

 

借り入れ金額が合計で100万円を超える場合には貸金業法で定められているために必須となりますが、100万円に満たないとしても申し込み内容や審査結果によっては必要となります。どのような書類が収入を証明する書類として認められるかは借り入れ先によっても異なるので、申し込みの際に確認をしてください。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスならパソコンやスマホで来店不要のWeb完結契約が可能で、契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒での振り込みによる借り入れも利用できます。平日も土日もすぐに借りたい方に特に人気が高く、借りられるか不安でも申し込み前に簡単な診断が行えるので安心です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
30日間無利息サービス

メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で、初回借り入れの翌日から30日間が無利息になるお得なサービスがあります。

他社で借り入れがあっても借りられる?関連ページ

プロミスの即日融資は何時まで可能なのかしっかり確認
プロミスの返済金額は毎月いくらからなのかを確認して借りる
ゆうちょにカードローンはある?郵便局でお金を借りる方法
後払いできる通販で買ったけど支払いができない場合
誰でも絶対に借りれる金融やキャッシング・カードローンはあるのか
即日融資無審査のカードローンやキャッシングはある?無審査でお金を借りたい
お金を借りたいけど審査に通らない方に見てほしい審査に通るポイント
お金が借りれない!どうする?審査に通るカードローンやキャッシングはまだある
街金とは?口コミでも評判の人気の街金融で安心して借りる
サラ金とは?金利や取り立てが不安に感じる方にもおすすめのサラ金
アコム増額の方法は?インターネットで断られたら増額できない?
プロミスはボーナス払いの設定はできる?カードローンとボーナス払いの関係
プロミスの無人機は全国各地のあらゆる場所に設置がされている
プロミスは連帯保証人は不要でお金が借りられる
プロミスは土日でも融資可能!週末でも祝日でも即日借りられる
プロミスの枠がいくらに設定されるかは審査によって決まる
プロミスと銀行カードローン、借りるならどっちがいい?
プロミスは全額返済をしたら解約になるわけではない
プロミスの利用履歴は審査に何かと影響をしてくる
現金を借りるならやっぱりプロミスが早くて便利
返済の滞納は危険!期日から遅れないように返済を進める
プロミスATMの営業時間は何時まで?ATM利用手数料も確認
プロミスの最短での借り入れ方法を知って短時間でお金を借りる
在籍確認なしでお金を借りることはできない
プロミスは年会費も入会金も不要!余計な費用なく必要なときに借りられる
本人確認書類で最も強いのは免許証!プロミスの契約でもあると便利
プロミスの利息が高い!利息を少なくする方法はないの?
プロミスの審査に落ちたらもうどこからも借りられないのか
カードローンで借りやすいのはどこ?審査や使いやすさが気になる方に
学生ローンはどこがおすすめ?学生が借金をする場合の注意点