MENU

学生ローンはどこがおすすめ?学生が借金をする場合の注意点

学生でもお金が必要になることはあります。

 

お金をついつい使いすぎてしまってアルバイトの給料日前になって手持ちのお金が足りなくなる、急な出費が重なってお金がどうしても必要など、社会人だけに限らず学生でもお金が必要になる状況はどうしても出てきます。

 

そんなときに頼れるのが学生ローンやカードローンです。

 

学生ローンはその名の通り学生専用のローンとなりますが、カードローンも学生での利用も可能です。

 

それぞれには異なる点やメリット、デメリットもあるので、学生の方がお金が借りる場合には学生ローンを使うか、カードローンを使うかはよく考えてみると良いでしょう。

 

平日も土日も24時間申し込み可能
プロミス
最短1時間融資でスピーディ

 

学生ローンとカードローンの違い

学生ローン 借金

一部の学生ローンはカードローンタイプでの融資も可能としていますが、多くの学生ローンは通常のカードローンとは少し異なるお金の借り方となります。

 

学生ローンではカードローンのように限度額内での繰り返しの借り入れが利用できない場合が多く、借り入れは一度に限られてしまいます。

 

追加で借りるためには再度申し込みをする必要があり、カードローンのように限度額があれば再申し込み不要で、何度でも自由に繰り返し借りるといったことができません。

 

また、返済に関してもローンカードが発行されない学生ローンは振り込みや店頭での直接の返済となる場合が多いため、どうしても手間がかかります。

 

利便性に優れるカードローン

借り入れや返済が銀行振り込みや店頭でのやり取りとなる学生ローンと比べ、カードローンはカードを使ってコンビニなどの提携ATMで利用ができるので、とにかく便利に借り入れや返済が行えます。

 

追加でお金が必要になっても限度額内なら再申し込み不要で、審査も受けることなく追加で借りられるので必要最小限の借り入れに留められるのも利点です。

 

とにかく便利に使いたいというのであれば学生ローンよりもカードローンが優れていますが、学生の方がカードローンでお金を借りる際にはいくつか注意をする点があります。

 

カードローンの利用条件はしっかり確認

カードローンはどこでも学生でお金が借りられるというわけではありません。

 

消費者金融のカードローンであれば大体は利用が可能となりますが、一部の銀行などの金融機関のカードローンでは学生は利用不可としているところがあります。

 

また、学生に対応をしているカードローンも年齢条件には注意が必要です。

 

ほとんどのカードローンでは未成年者の利用は不可となっているので、学生でも20歳未満の方では利用ができません。

 

安定した収入が必須となる

学生に対応をしているカードローンで年齢の条件をクリアしているとしても、収入を得ていないと利用はできません。

 

これはカードローンだけに限らず学生ローンでも同様で、アルバイトもしておらず自身で収入を得ていない学生の方では、残念ながらお金を借りることはできません。

 

今の学生ローンやカードローンの借り入れは、貸金業法によって年収の3分の1までの借り入れに制限がされています。

 

そのため、収入を得ていない学生の方では借りられる金額が「0」となってしまい、申し込みをしても審査に通らない結果となります。

 

「安定した収入」と聞くと難しく感じるかもしれませんが、アルバイトなどの収入も安定した収入となるのでアルバイト収入で問題ありません。

 

条件を満たした学生が借りるなら

年齢や安定した収入の条件を満たしている学生の方がお金を借りるなら、学生ローンよりも大手の消費者金融がおすすめです。

 

大手の消費者金融でも学生の借り入れも可能となっており、アルバイト収入があれば保証人不要で自身の信用でお金が借りられます。

 

カードが発行されないタイプの学生ローンとは異なり、大手の消費者金融ならローンカードを使ってコンビニなどの提携ATMで借り入れや返済が利用できます。

 

また、例えばプロミスであればメールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で、初回借り入れの翌日から30日間が無利息となるので返済負担も軽くできます。

 

利便性に加えTVCMでもおなじみの大手消費者金融という安心感もあるので、学生の方がお金を借りるなら大手有名消費者金融を選んでおくと良いでしょう。

 

怪しい借り入れ先に気を付けたい

TVCMで見かけるような大手の消費者金融なら安心して利用ができますが、学生でも利用が可能と謳う業者の中には、正規の貸金業者ではない闇金融などが潜んでいる場合があります。

 

よく分からないところから借りてしまうと大きなトラブルとなってしまい、借り入れ時は内緒で進められたとしても、厳しい取り立てなどで結局は借り入れがバレてしまう場合もあります。

 

学生ローンもしっかりと調べて借りるのであれば問題はありませんが、よく分からないところからの借り入れを防ぎたいのであれば、やはり安心して借りられる大手の消費者金融を利用しておくと安心です。

 

大手消費者金融でWeb完結の借り入れ

大手の消費者金融なら学生の方でも、本人確認書類だけで手続きが可能です。

 

申し込みも契約もWeb上で完結ができるようにもなっているので、契約後の利便性の高さを含めても大手の消費者金融は優れています。

 

金利条件に関しては学生ローンも大手消費者金融のカードローンも大きな違いはありませんが、大手消費者金融なら上でも触れたように無利息サービスもあり、返済の負担は軽減できます。

 

やはり学生の方がお金を借りるなら、最短即日融資にも対応をする大手の消費者金融が優れているのです。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスならパソコンやスマホで来店不要のWeb完結契約が可能で、契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒での振り込みによる借り入れも利用できます。平日も土日もすぐに借りたい方に特に人気が高く、借りられるか不安でも申し込み前に簡単な診断が行えるので安心です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
30日間無利息サービス

メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で、初回借り入れの翌日から30日間が無利息になるお得なサービスがあります。

学生ローンはどこがおすすめ?学生が借金をする場合の注意点関連ページ

プロミスの即日融資は何時まで可能なのかしっかり確認
プロミスの返済金額は毎月いくらからなのかを確認して借りる
ゆうちょにカードローンはある?郵便局でお金を借りる方法
後払いできる通販で買ったけど支払いができない場合
誰でも絶対に借りれる金融やキャッシング・カードローンはあるのか
即日融資無審査のカードローンやキャッシングはある?無審査でお金を借りたい
お金を借りたいけど審査に通らない方に見てほしい審査に通るポイント
他社で借り入れがあっても借りられる?
お金が借りれない!どうする?審査に通るカードローンやキャッシングはまだある
街金とは?口コミでも評判の人気の街金融で安心して借りる
サラ金とは?金利や取り立てが不安に感じる方にもおすすめのサラ金
アコム増額の方法は?インターネットで断られたら増額できない?
プロミスはボーナス払いの設定はできる?カードローンとボーナス払いの関係
プロミスの無人機は全国各地のあらゆる場所に設置がされている
プロミスは連帯保証人は不要でお金が借りられる
プロミスは土日でも融資可能!週末でも祝日でも即日借りられる
プロミスの枠がいくらに設定されるかは審査によって決まる
プロミスと銀行カードローン、借りるならどっちがいい?
プロミスは全額返済をしたら解約になるわけではない
プロミスの利用履歴は審査に何かと影響をしてくる
現金を借りるならやっぱりプロミスが早くて便利
返済の滞納は危険!期日から遅れないように返済を進める
プロミスATMの営業時間は何時まで?ATM利用手数料も確認
プロミスの最短での借り入れ方法を知って短時間でお金を借りる
在籍確認なしでお金を借りることはできない
プロミスは年会費も入会金も不要!余計な費用なく必要なときに借りられる
本人確認書類で最も強いのは免許証!プロミスの契約でもあると便利
プロミスの利息が高い!利息を少なくする方法はないの?
プロミスの審査に落ちたらもうどこからも借りられないのか
カードローンで借りやすいのはどこ?審査や使いやすさが気になる方に