MENU

返済の延滞を続けているとカードローンの発行が難しくなる

カードローン返済の延滞を続けているユーザーは、次々と返済の問題に直面します。遅延損害金を支払うことも大変ですが、次のカードローンと契約を行いたい方も、結局カードローンの契約ができないのです。

 

返済していない情報は、全ての会社が情報として把握しているものです。これから新しい会社と契約をしようと思ったら、延滞していることを把握されてカードローンの審査に落とされることもあります。

 

平日も土日も24時間申し込み可能
プロミス
最短1時間融資でスピーディ

 

延滞は信用情報機関に掲載されている

カードローン延滞

カードローンに加入している会社の多くが、信用情報機関を通じて情報を得ています。過去にどのような借入を行っているのか、返済の遅延や延滞は起こしていないのかをチェックされます。ここでもし延滞していると情報が記載されているなら、カードローンを発行している会社は信用できないと判断します。これによって、カードローンの審査に落とされてしまいます。

 

収入の面や他社借入という部分で問題がないように思われても、遅延していたことが影響して審査に落とされる可能性は高いのです。それだけカードローンというのは、返済の延滞を嫌がっています。

 

長期間にわたって返済が遅れることとなればどこでも審査に通らないようになってしまい、言わば「ブラック」の状態となります。ブラックになるとたとえ5万円だけ借りたいとなっても審査落ちとなってしまうため、延滞はしないようにしなければなりません。

 

延滞は損害金の対象になってしまう

延滞をしている人は、カードローンの契約事項に記載されている通り、遅延損害金の対象となります。この損害金は、固定されている金額を支払うのではなく、1日に発生している利息を増やして対応しています。

 

つまり1日程度の延滞であればさほど影響はありませんが、1ヶ月以上返済していないと判断されれば、その時点で多くの利息を取られてしまいます。

 

多くの場合、遅延損害金の欄には金利の数字が書かれています。これは、遅延損害金の対象となった時点で、金利をこの数字に変更しますという意味です。延滞していると判断された人は、遅延損害金を支払うために特別な金利が使われます。この金利は非常に高い数字ですので、当然支払う利息は多くなってしまいます。利息が大きなことはとても厄介な問題の1つでしょう。

 

延滞をしないことがカードローンでは大事

これからの契約のために、そして延滞をしたことで返済額を増やさないためにも、まずは延滞しないように返済を続けるようにしてください。そして、カードローンとの契約を行っていく際にも、延滞という情報が書かれないようにするのです。

 

常に返済日を把握して、今月の支払いをしっかり行うという意思を持って行動してください。返済日を忘れるなどの対応があれば、かなり延滞という行為は起こりやすいのです。

 

一部のカードローンでは返済日付近になるとメールでのお知らせを送信してくれるなど、うっかり忘れを防げるようなサービスを提供しています。そもそも毎月の返済金額が手元にないとなると話になりませんが、しっかりと返済にかかる費用を抑えているのであれば、こういったサービスを使うなどして確実に返済を行うようにしてください。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスではインターネットでの申し込みで、パソコンやスマートフォンから平日14時までにWeb契約を完了させることで申し込み当日の振り込み即日キャッシングも可能としています。素早い審査回答と素早い融資で人気を集めている大手消費者金融のプロミスは、そういった事からも「はじめてのキャッシング」という方からも人気が高くなっています。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

今日中に借りたい方は、ネットでの来店不要契約なら平日14時までに、自動契約機に行ける方なら14時以降でも週末でも、最短で当日中のプロミスでの借り入れも可能となります。

返済の延滞を続けているとカードローンの発行が難しくなる関連ページ

カードローンとは何に使うものなの?大きな借金でも使えるの?
カードローンは年収の1/3以上利用できない?総量規制とは
カードローンは1,000円以下も借りられる?借りられる最低限度の数字は?
カードローンで100万を借りると返済額はどこまで増えるの?
カードローンで100万を借りると利息は大きいのか
カードローンを100万以上利用したいなら申し込みと返済が大事
カードローンは10年で返済できなければ一括返済の対象になる?
カードローンで10万を借りたら返済にかかる時間はどれくらい?
2社以上のカードローン契約も可能!ただし借りすぎは禁物
2社以上のカードローンの返済をまとめる方法
カードローンを3社以上契約することは可能か
70歳になってもカードローンを使える会社が存在する?
アリバイ会社はカードローン審査の救世主にはならない
おすすめできるカードローンは低金利で利用限度額が高いもの
カードローンはおろせない状態でこそメリットあり?
カードローンのお試し診断って参考にできる?
カードなしでもカードローンでお金を借りられるのか
カードローンとクレジットカードの違いは明確!使う場面が異なる
コンビニでも借入のできるカードローンが急増中
お金をすぐ借りたいと思ったときはカードローンが便利
カードローンで借りたお金をその日に返済すると利息はどうなる?
カードローンをマイホーム用の資金源として活用できるのか
多数の引き出し方を持っているカードローン!その手法を紹介
利用限度額を下げて申し込みを行うのがカードローンですぐ借りれるコツ
カードローンは引き落とし日の把握と余裕を持ってお金を残そう
ノンバンクとされているカードローンとは何を指すのか
カードローンのネット審査は申し込みの基本方法とも言える
カードローンでの一括返済は使うべきなのか
カードローン解約前に絶対に必要な行動3選
カードローンの残高がなかなか減らないなら返済を見直す
カードローンはマイナス金利の影響を受けているのか
カードローンのリボ払いは負担を知っておかないと危険
大きな金額をカードローンで借りるメリットとデメリット
メガバンクのカードローンは安定して金利が低いのが特徴
カードローンをまとめることができれば毎月の返済は1回で済む
カードローンは引っ越しの費用を借りるにも適している
カードローンの使い方の基本を知れば初めてでも安心
カードローンの返済シミュレーションは使って計画的な返済を
生活が苦しいときにも役立つカードローンによる借り入れ
高額融資を希望するならカードローンの利用は適さない?
カードローンの契約更新で審査に落とされる可能性もある
カードローンは繰り上げ返済を使えば返済総額が少なくできる
契約期限を迎えたカードローンはどうなる?
健康保険証でカードローンの審査には通るのか
カードローンの契約をすると勤め先に電話連絡が入る?
カードローンの危ない状況を知って安心して使えるようにする
カードローンの再契約で必要となる手続きとは
金利が安いカードローンで返済を抑えて賢く借りる
カードローンを利用して借りられる最大の金額とは
カードローンの借り入れを繰り返すのはメリットが多い?
カードローンを持つだけのメリットとデメリットとは
自宅以外でカードローンの受け取りを行いたい場合はどうするべきか
カードローンの取引目的違反はとても重大な問題
カードローンは審査にさえ通れば何社契約をしても良い
カードローンの利息計算は1日ごとに行われている
会社にカードローンの申し込みはばれるのか?意外にも気づかれない?