MENU

カードローンのリボ払いは負担を知っておかないと危険

どちらかというとクレジットカードでよく聞くイメージがあるリボ払いは、元々カードローンで多く採用されている方法です。リボ払いは、一定の金額だけを毎月返済していく方法で、その金額分にプラスして利息を支払っていれば、返済を任意の金額で続けられる良さを持っています。

 

リボ払いを利用している方は、カードローンの返済を有効に進められるのはいいことです。しかし、リボ払いにも1つの問題が存在しているので気を付けてください。

 

平日も土日も24時間申し込み可能
プロミス
最短1時間融資でスピーディ

 

リボ払いは多くのローン商品で導入されている

カードローン リボ払い

高額な借入を行っていくカードローンでは、どうしてもリボ払いという方法を採用しています。一括で返済できるほどの余裕がなければ、カードローンの返済というのは難しいためです。そこで、リボ払いを採用して、返済を続けやすくする方法を取ります。

 

リボ払いによって、返済額は上手に調整されていきます。同時に、返済額を自分のタイミングで変更して、より返済額を増やす方法も取り入れられるのです。返済額を増やしていくことによって、元本を残さないようにする方法がカードローンでは重要です。

 

多くのカードローンで導入されているリボ払いは、しっかりと返済が進められるようになれば、安心できる返済方法の1つでもあります。

 

リボ払いの誤った使い方は非常に危ない

カードローンの契約を行っている方は、リボ払いの返済額を多くしておきましょう。返済額が足りなくなると、元本が利息によって増えてしまうのです。返済額を小さくできるカードローンが近年増えていますが、小さい金額で返済を続けていると結局リボ払いの返済はなかなか終わらないのです。

 

リボ払いのデメリットは、返済額を小さくしているといつまで経っても返済が終わらないことです。カードローンの会社としては、もっとリボ払いを利用してもらいたいと考えているので、返済額を抑えられる取り組みを行っています。この甘い誘いに乗ってしまうと、元本が返済されていないどころか、大きな利息が積み重なってしまうのです。

 

返済額が小さくならないように調整することも大事ですし、リボ払いというのは適度に返済額の調整を行いつつ、返済しやすい環境を整えることも大切です。

 

上手にリボ払いと付き合っていくことが大事

カードローンを利用している方は、リボ払いの返済を小さくしないように、なるべく大きな金額を返済に回すようにしましょう。そして、返済額を増やしつつ、元本を返済してカードローンの完済を行うことが最も大事です。

 

例えばプロミスでは借り入れ金額次第となりますが毎月の返済は2,000円や4,000円でもカードローンの利用ができます。毎月に数千円であれば無理なく返せるものですが、その金額通りに返済を進めたのでは完済までに数年間といった長い期間を要することとなります。

 

借りる金額が5万円や10万円などで少なければ利息額もそこまで膨れ上がりませんが、決して金利が低くはないカードローンで100万円を超えるような金額を借りると利息も膨れ上がります。リボ払いは毎月の支払額を少なくして負担が分散できるようにはなっていますが、だからといって甘えすぎず、しっかりとした返済計画をもって早い段階で完済ができるようにしておくべきです。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスではインターネットでの申し込みで、パソコンやスマートフォンから平日14時までにWeb契約を完了させることで申し込み当日の振り込み即日キャッシングも可能としています。素早い審査回答と素早い融資で人気を集めている大手消費者金融のプロミスは、そういった事からも「はじめてのキャッシング」という方からも人気が高くなっています。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

今日中に借りたい方は、ネットでの来店不要契約なら平日14時までに、自動契約機に行ける方なら14時以降でも週末でも、最短で当日中のプロミスでの借り入れも可能となります。

カードローンのリボ払いは負担を知っておかないと危険関連ページ

カードローンとは何に使うものなの?大きな借金でも使えるの?
カードローンは年収の1/3以上利用できない?総量規制とは
カードローンは1,000円以下も借りられる?借りられる最低限度の数字は?
カードローンで100万を借りると返済額はどこまで増えるの?
カードローンで100万を借りると利息は大きいのか
カードローンを100万以上利用したいなら申し込みと返済が大事
カードローンは10年で返済できなければ一括返済の対象になる?
カードローンで10万を借りたら返済にかかる時間はどれくらい?
2社以上のカードローン契約も可能!ただし借りすぎは禁物
2社以上のカードローンの返済をまとめる方法
カードローンを3社以上契約することは可能か
70歳になってもカードローンを使える会社が存在する?
アリバイ会社はカードローン審査の救世主にはならない
おすすめできるカードローンは低金利で利用限度額が高いもの
カードローンはおろせない状態でこそメリットあり?
カードローンのお試し診断って参考にできる?
カードなしでもカードローンでお金を借りられるのか
カードローンとクレジットカードの違いは明確!使う場面が異なる
コンビニでも借入のできるカードローンが急増中
お金をすぐ借りたいと思ったときはカードローンが便利
カードローンで借りたお金をその日に返済すると利息はどうなる?
カードローンをマイホーム用の資金源として活用できるのか
多数の引き出し方を持っているカードローン!その手法を紹介
返済の延滞を続けているとカードローンの発行が難しくなる
利用限度額を下げて申し込みを行うのがカードローンですぐ借りれるコツ
カードローンは引き落とし日の把握と余裕を持ってお金を残そう
ノンバンクとされているカードローンとは何を指すのか
カードローンのネット審査は申し込みの基本方法とも言える
カードローンでの一括返済は使うべきなのか
カードローン解約前に絶対に必要な行動3選
カードローンの残高がなかなか減らないなら返済を見直す
カードローンはマイナス金利の影響を受けているのか
大きな金額をカードローンで借りるメリットとデメリット
メガバンクのカードローンは安定して金利が低いのが特徴
カードローンをまとめることができれば毎月の返済は1回で済む
カードローンは引っ越しの費用を借りるにも適している
カードローンの使い方の基本を知れば初めてでも安心
カードローンの返済シミュレーションは使って計画的な返済を
生活が苦しいときにも役立つカードローンによる借り入れ
高額融資を希望するならカードローンの利用は適さない?
カードローンの契約更新で審査に落とされる可能性もある
カードローンは繰り上げ返済を使えば返済総額が少なくできる
契約期限を迎えたカードローンはどうなる?
健康保険証でカードローンの審査には通るのか
カードローンの契約をすると勤め先に電話連絡が入る?
カードローンの危ない状況を知って安心して使えるようにする
カードローンの再契約で必要となる手続きとは
金利が安いカードローンで返済を抑えて賢く借りる
カードローンを利用して借りられる最大の金額とは
カードローンの借り入れを繰り返すのはメリットが多い?
カードローンを持つだけのメリットとデメリットとは
自宅以外でカードローンの受け取りを行いたい場合はどうするべきか
カードローンの取引目的違反はとても重大な問題
カードローンは審査にさえ通れば何社契約をしても良い
カードローンの利息計算は1日ごとに行われている
会社にカードローンの申し込みはばれるのか?意外にも気づかれない?