MENU

カードローン解約前に絶対に必要な行動3選

カードローンの契約は難しい手続きなく自由に契約を解除できる仕組みです。しかし、全ての人が解約ができるわけではなく、状況によっては解約ができる人とできない人が存在します。解約ができない理由は、カードローンの契約解除を行えない要因があるためです。

 

どうしても必要のないカードローンとの契約を解除したい方は、解約を希望する際に必要な手続きを3つ知っておきましょう。

 

平日も土日も24時間申し込み可能
プロミス
最短1時間融資でスピーディ

 

解約手続きに入る前に行っておくべき3つの手順

カードローン解約

カードローンの残高を0にする

カードローンの残高が0円でなければ、カードローンの解約はできません。解約の条件として、残高を0円とすることが示されているためです。そもそもお金を借りている状態で解約したいと提示しても、それは相手の会社が同意してくれません。お金を貸しているのに解約をしてしまったら、貸し付けたお金を放棄するのと同じことだからです。

 

先に残高を0円とするため、一括での返済を行う、もしくは残高を0円にできる返済計画を作ります。残高を少しでも減らせるように返済額を増やすなどの方法も採用して、なるべくカードローンを早く完済しておきましょう。

 

電話連絡等で解約を伝える

残高が0円になっていると確認できたところで、電話によって解約を伝えます。解約を希望している方は勝手に解約を待つのではなく、自発的に連絡を入れなければなりません。これはクレジットカードと似たような方法です。

 

クレジットカードは解約の際には電話連絡が必要で、放置しているとよほど問題がなければ自動的にカードが更新されてしまいます。カードローンの場合も使っていない状態でも更新が行われ、借り入れ残高が残っていないとしても契約自体は残り続けます。

 

この契約を解除するためには電話を入れて解約をしたいといった旨を伝える必要があります。解約の理由を聞かれることもありますが、特に難しく考えずに「必要がなくなった」といっておけば何ら問題はありません。

 

不要なカードはしっかりと破棄をする

契約が解除されることになれば持っているローンカードは不要です。解約がされればカードは使えずに意味のないものとなりますが、カードが手元にあるとカードローン契約が残っていると勘違いをしてしまい、お金が足りないなどで困ったときに頼りにしてしまう可能性があります。

 

カードを使ってお金が借りられるのがカードローンのサービスですが、当然ながらカードは契約がされていないことには利用ができません。契約が残っている状態であればカードでATMからお金が借りられますが、解約をしてしまうとカードは使えなくなるので契約に関しては少し慎重になる必要もあります。

 

解約をするか借り入れをしないだけにするか

解約自体は電話一本で行える場合もあるために手軽にすぐに行えますが、カードローンを再契約するとなるとまた申し込みをして審査を受け、手続きをしなければなりません。以前に利用をしていたからといって最申し込みをした際には審査なしとなるわけではなく、もう一度審査を受ける必要があります。

 

以前は審査に通ったとしても今は状況が変わっていて審査に通らないといった場合も出てくるため、本当に解約をするまでなのかはしっかりと考えるようにしてください。カードローンは多くが年会費等もかからないため、お金を借りない限りは余計な費用はかからない点も考慮をしておくと良いでしょう。

 

カードを持っていると無駄に借りてしまう、他ローンの審査に影響が出るために契約自体をなくしてしまいたいというのであれば解約をすべきですが、そうでもなくただ返し終えたからという理由で解約をしてしまうと、今後にお金が必要になったときに困る可能性があるので注意が必要です。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスならパソコンやスマホで来店不要のWeb完結契約が可能で、契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒での振り込みによる借り入れも利用できます。平日も土日もすぐに借りたい方に特に人気が高く、借りられるか不安でも申し込み前に簡単な診断が行えるので安心です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
30日間無利息サービス

メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で、初回借り入れの翌日から30日間が無利息になるお得なサービスがあります。

カードローン解約前に絶対に必要な行動3選関連ページ

カードローンとは何に使うものなの?大きな借金でも使えるの?
カードローンは年収の1/3以上利用できない?総量規制とは
カードローンは1,000円以下も借りられる?借りられる最低限度の数字は?
カードローンで100万を借りると返済額はどこまで増えるの?
カードローンで100万を借りると利息は大きいのか
カードローンを100万以上利用したいなら申し込みと返済が大事
カードローンは10年で返済できなければ一括返済の対象になる?
カードローンで10万を借りたら返済にかかる時間はどれくらい?
2社以上のカードローン契約も可能!ただし借りすぎは禁物
2社以上のカードローンの返済をまとめる方法
カードローンを3社以上契約することは可能か
70歳になってもカードローンを使える会社が存在する?
アリバイ会社はカードローン審査の救世主にはならない
おすすめできるカードローンは低金利で利用限度額が高いもの
カードローンはおろせない状態でこそメリットあり?
カードローンのお試し診断って参考にできる?
カードなしでもカードローンでお金を借りられるのか
カードローンとクレジットカードの違いは明確!使う場面が異なる
コンビニでも借入のできるカードローンが急増中
お金をすぐ借りたいと思ったときはカードローンが便利
カードローンで借りたお金をその日に返済すると利息はどうなる?
カードローンをマイホーム用の資金源として活用できるのか
多数の引き出し方を持っているカードローン!その手法を紹介
返済の延滞を続けているとカードローンの発行が難しくなる
利用限度額を下げて申し込みを行うのがカードローンですぐ借りれるコツ
カードローンは引き落とし日の把握と余裕を持ってお金を残そう
ノンバンクとされているカードローンとは何を指すのか
カードローンのネット審査は申し込みの基本方法とも言える
カードローンでの一括返済は使うべきなのか
カードローンの残高がなかなか減らないなら返済を見直す
カードローンはマイナス金利の影響を受けているのか
カードローンのリボ払いは負担を知っておかないと危険
大きな金額をカードローンで借りるメリットとデメリット
メガバンクのカードローンは安定して金利が低いのが特徴
カードローンをまとめることができれば毎月の返済は1回で済む
カードローンは引っ越しの費用を借りるにも適している
カードローンの使い方の基本を知れば初めてでも安心
カードローンの返済シミュレーションは使って計画的な返済を
生活が苦しいときにも役立つカードローンによる借り入れ
高額融資を希望するならカードローンの利用は適さない?
カードローンの契約更新で審査に落とされる可能性もある
カードローンは繰り上げ返済を使えば返済総額が少なくできる
契約期限を迎えたカードローンはどうなる?
健康保険証でカードローンの審査には通るのか
カードローンの契約をすると勤め先に電話連絡が入る?
カードローンの危ない状況を知って安心して使えるようにする
カードローンの再契約で必要となる手続きとは
金利が安いカードローンで返済を抑えて賢く借りる
カードローンを利用して借りられる最大の金額とは
カードローンの借り入れを繰り返すのはメリットが多い?
カードローンを持つだけのメリットとデメリットとは
自宅以外でカードローンの受け取りを行いたい場合はどうするべきか
カードローンの取引目的違反はとても重大な問題
カードローンは審査にさえ通れば何社契約をしても良い
カードローンの利息計算は1日ごとに行われている
会社にカードローンの申し込みはばれるのか?意外にも気づかれない?
嫁にばれないカードローンの利用方法を考えてみる
カードローンで提出する収入証明書は給与明細でも大丈夫?
月々返済のカードローンは返済日をしっかり決めよう