MENU

カードローンをマイホーム用の資金源として活用できるのか

マイホーム用の資金として、住宅ローンなどが多く利用されます。住宅ローンと契約をしているユーザーは非常に多いですし、今はマイナス金利もありますので住宅ローンは便利でしょう。

 

しかし、住宅ローンには制約が多いことに加えて、審査を通過できない人もいます。もしかしたら、カードローンで住宅用の資金を捻出できないか考えている方もいるでしょう。そんな人のために、実際にカードローンで資金を捻出できるのか説明します。

 

平日も土日も24時間申し込み可能
プロミス
最短1時間融資でスピーディ

 

マイホームを購入できるほどお金を借りられない

カードローンマイホーム

カードローンの利用限度額は、どれだけ高い商品でも1,000万円程度に抑えられています。1,000万円もあれば、非常に安く販売されている住宅なら購入できますが、高く販売されている住宅は購入できません。

 

また、住宅ローンとは契約の方法も異なります。住宅ローンの場合は、必要なお金を提示して、それから審査を受けて住宅ローンとしてお金を出してもらいます。

 

一方でカードローンは先に審査を受けて、利用限度額を決定しているのです。つまり審査の順番が少し異なっていますので、住宅用の資金としてカードローンを使うことは難しいと言わざるを得ません。

 

リフォームなどの資金としては使えるかもしれませんが、住宅の購入や注文住宅などを検討している方には少し使いづらいでしょう。

 

マイホーム用のローンは銀行で相談すること

カードローンを使っても、借りられる限度額は最大で1,000万円です。しかも、全てのユーザーが1,000万円という金額を借りられるわけではありません。場合によっては数万円程度に抑えられてしまう人もいます。どうしてもマイホーム用にお金を借りたいと思っている人は、銀行に相談して住宅ローンの契約を行うべきです。

 

住宅ローンの場合は、マイホーム用の資金として多くのお金を貸してくれます。しかも、審査さえ通過できれば、低金利での借入が可能です。カードローンに比べて、住宅ローンは低金利での貸し出しを行っていますので、どうしても必要であれば銀行に相談をするのが基本と言えます。

 

そもそもカードローンは住宅ローンの代わりとして使う商品ではなく、生活費や支払い等の少しのお金を借りるものです。すぐにお金がほしいとき10万円程度を借りるには早い審査と融資で適する商品となりますが、数千万円といった金額を借りるには不向きです。

 

銀行に相談して聞いてみるのも良い

カードローンでの契約を考えている方で、リフォーム資金などをカードローンで捻出したいのであれば、銀行に相談してもいいでしょう。銀行側のスタッフが、捻出できる金額なのかも含めて対応してくれます。

 

特にこれからカードローンの契約を考えている方は、銀行の方に相談したうえで、できる限りカードローンの情報を知ってから契約してください。

 

カードローンの最大限度額だけ見て、最低金利だけを見てリフォーム資金や中古住宅の購入資金に使えると勝手に思ってしまうと、審査の結果を見てがっかりしてしまうこととなります。繰り返しとなりますがカードローンはクレジットカードのキャッシングのように大きな金額を借りるには向かないものとなるので、それでも大きな金額を借りたいと考えるなら事前の相談が必要です。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスならパソコンやスマホで来店不要のWeb完結契約が可能で、契約後は対応する金融機関宛で24時間最短10秒での振り込みによる借り入れも利用できます。平日も土日もすぐに借りたい方に特に人気が高く、借りられるか不安でも申し込み前に簡単な診断が行えるので安心です。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
30日間無利息サービス

メールアドレスの登録とWeb明細の利用登録で、初回借り入れの翌日から30日間が無利息になるお得なサービスがあります。

カードローンをマイホーム用の資金源として活用できるのか関連ページ

カードローンとは何に使うものなの?大きな借金でも使えるの?
カードローンは年収の1/3以上利用できない?総量規制とは
カードローンは1,000円以下も借りられる?借りられる最低限度の数字は?
カードローンで100万を借りると返済額はどこまで増えるの?
カードローンで100万を借りると利息は大きいのか
カードローンを100万以上利用したいなら申し込みと返済が大事
カードローンは10年で返済できなければ一括返済の対象になる?
カードローンで10万を借りたら返済にかかる時間はどれくらい?
2社以上のカードローン契約も可能!ただし借りすぎは禁物
2社以上のカードローンの返済をまとめる方法
カードローンを3社以上契約することは可能か
70歳になってもカードローンを使える会社が存在する?
アリバイ会社はカードローン審査の救世主にはならない
おすすめできるカードローンは低金利で利用限度額が高いもの
カードローンはおろせない状態でこそメリットあり?
カードローンのお試し診断って参考にできる?
カードなしでもカードローンでお金を借りられるのか
カードローンとクレジットカードの違いは明確!使う場面が異なる
コンビニでも借入のできるカードローンが急増中
お金をすぐ借りたいと思ったときはカードローンが便利
カードローンで借りたお金をその日に返済すると利息はどうなる?
多数の引き出し方を持っているカードローン!その手法を紹介
返済の延滞を続けているとカードローンの発行が難しくなる
利用限度額を下げて申し込みを行うのがカードローンですぐ借りれるコツ
カードローンは引き落とし日の把握と余裕を持ってお金を残そう
ノンバンクとされているカードローンとは何を指すのか
カードローンのネット審査は申し込みの基本方法とも言える
カードローンでの一括返済は使うべきなのか
カードローン解約前に絶対に必要な行動3選
カードローンの残高がなかなか減らないなら返済を見直す
カードローンはマイナス金利の影響を受けているのか
カードローンのリボ払いは負担を知っておかないと危険
大きな金額をカードローンで借りるメリットとデメリット
メガバンクのカードローンは安定して金利が低いのが特徴
カードローンをまとめることができれば毎月の返済は1回で済む
カードローンは引っ越しの費用を借りるにも適している
カードローンの使い方の基本を知れば初めてでも安心
カードローンの返済シミュレーションは使って計画的な返済を
生活が苦しいときにも役立つカードローンによる借り入れ
高額融資を希望するならカードローンの利用は適さない?
カードローンの契約更新で審査に落とされる可能性もある
カードローンは繰り上げ返済を使えば返済総額が少なくできる
契約期限を迎えたカードローンはどうなる?
健康保険証でカードローンの審査には通るのか
カードローンの契約をすると勤め先に電話連絡が入る?
カードローンの危ない状況を知って安心して使えるようにする
カードローンの再契約で必要となる手続きとは
金利が安いカードローンで返済を抑えて賢く借りる
カードローンを利用して借りられる最大の金額とは
カードローンの借り入れを繰り返すのはメリットが多い?
カードローンを持つだけのメリットとデメリットとは
自宅以外でカードローンの受け取りを行いたい場合はどうするべきか
カードローンの取引目的違反はとても重大な問題
カードローンは審査にさえ通れば何社契約をしても良い
カードローンの利息計算は1日ごとに行われている
会社にカードローンの申し込みはばれるのか?意外にも気づかれない?
嫁にばれないカードローンの利用方法を考えてみる
カードローンで提出する収入証明書は給与明細でも大丈夫?
月々返済のカードローンは返済日をしっかり決めよう
カードローンを利用する場合の仕組みと注意
カードローンを借り換えた場合のメリットとデメリット
収入証明書は必要?カードローンの審査を楽にする方法
カードローンの最高金利を知れば違法な闇金融は避けられる
最速でカードローンを利用したい場合はどうすればいい?
カードローンの履歴は信用情報機関に一定期間に渡って残る
カードローンが使えなくなる条件を知っておけば安心して使える
カードローンを使わないと契約はどうなる?
カードローンは使わなければ何の費用も発生しない
使いすぎるのが怖いならカードローンを止める手続きも考えてみる
カードローンを借り換えるとメリットが多いので検討すべき
カードローンで50万円の借金をする方法と返済について
カードローンの取り扱いができない場合はどうすればいいのか
カードローンの取引期限が来ると今後の借り入れができなくなる
カードローンの取引後残高とは何か
カードローンの取引目的を間違えると審査落ちの原因にもなる
カードローンの手順とは?初心者でも迷わない借り方
カードローンの手数料を計算して無駄なく借り入れと返済を
受かりやすいカードローンはある?審査基準で選ぶなら
カードローンの受け取りは郵送や直接など様々な方法で選べる
収入証明書がない場合のカードローンの契約方法