MENU

在籍確認は電話が基本となる

審査から契約の際に必要となる在籍確認は、プロミスでは担当者が個人名での電話で行うのが基本となります。申し込み時に入力をした勤務先へ直接電話をかけ、個人名で本人がいるかの確認を取ります。

 

確認が取れればそこで在籍確認は完了となり、何も詳しい話を電話口でしなければならないわけではありません。本人に繋がるまではプロミス名はもちろん、カードローンの確認の電話であるとも伝えられないため、電話に出た方からすると何の用件なのかが分からないようになっています。

 

プライバシーをしっかりと守ってくれるプロミスだからこそ、在籍確認の手続きに関しても安心ができるのです。

 

在籍確認の電話の内容

プロミスの審査における在籍確認は、あくまで勤務先に在籍をしていることが分かれば良いだけです。勤務先の会社に担当者が個人名で電話をかけ、申し込み者本人が電話に出ればその会社には在籍していると確認が取れるため、それだけで在籍確認は完了します。

 

内容としては単純なもので、「○○と申しますが□□さんはいますか?」程度の電話が会社に入ります。本人以外が電話に出ればそのまま本人に電話が繋げられ、本人の確認が取れてはじめて「プロミスです。在籍確認のご連絡となります。」といったことが伝えられます。

 

本人が電話に出れない休みの日などは、プロミスの担当者が電話をかけた際に休みであるとの回答がもらえれば在籍確認が完了する場合もあるので、必ずしも本人が電話に出なければならないわけではありません。

 

ただ、このあたりは申し込みの内容や審査の結果によっても変わってくるので、仕事が休みの日にプロミスへの申し込みを行う際には、問い合わせるなどして確認をしておくと良いでしょう。

 

在籍確認がないカードローンは存在しない

勤務先である会社への直接の電話連絡が入る在籍確認は、どこで借りるにも必ず行われる手続きとなります。在籍確認がない借り入れ先があるとすれば、それは正規の貸金業者ではなく闇金融などの違法な貸付を行うところとなります。

 

ただ、確認の方法に関しては各サービスでそれぞれ異なります。基本は電話での確認となりますが、在籍確認は必ず電話で行わなければならないわけではありません。例えば他消費者金融での借り入れとなりますが、モビットのWeb完結の手続きであれば在籍確認は電話ではなく書類で行われます。

 

手続きの進め方の違いこそありますが、どこで借りるにも在籍確認は必須となります。もし不安に感じる部分があるなら、どのような内容で在籍確認が行われるか、確認方法は何か別の方法がないかなど相談をしてみると良いでしょう。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスではインターネットでの申し込みで、パソコンやスマートフォンから平日14時までにWeb契約を完了させることで申し込み当日の振り込み即日キャッシングも可能としています。素早い審査回答と素早い融資で人気を集めている大手消費者金融のプロミスは、そういった事からも「はじめてのキャッシング」という方からも人気が高くなっています。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

今日中に借りたい方は、ネットでの来店不要契約なら平日14時までに、自動契約機に行ける方なら14時以降でも週末でも、最短で当日中のプロミスでの借り入れも可能となります。