MENU

今すぐお金が必要ならプロミスへ

どうしても今すぐにお金が欲しい、お金が必要な場合にも、プロミスのカードローンは大変便利で助かります。申し込みを行った当日に最短即日融資で借りられるため、急な出費等にも対応が可能となります。

 

今すぐお金が欲しい場合のプロミスへの申し込みと借り入れは、平日の昼間に限らず夕方でも土日でも問題ありません。プロミスでは審査も契約も融資も平日の昼間に限らず営業時間内なら夕方でも夜でも、土日でも行っているため、週末に今すぐお金が必要となっても借り入れが可能です。

 

申し込み当日に借りるためには平日の昼間に限られてしまうと考えている方も少なくありませんが、プロミスにおいては手続きの進め方次第で、土日や祝日であっても今すぐお金が必要な方のために当日中の融資も可能としているのです。

 

曜日や時間によって変わる手続き方法

プロミスで今すぐにお金を借りたいとなった場合には、曜日や時間によって手続きを考える必要があります。平日の昼間であれば決められた時間までの手続きで来店不要の銀行振り込みによる即日融資も可能となりますが、時間外や対応外の曜日となると振り込みでは借りられません。

 

申し込み当日のプロミスの銀行振り込みによる借り入れは、通常の振り込みでは平日14時までのWeb契約を条件としています。時間を少しでも過ぎると翌営業日の扱いとなってしまい、土日や祝日などの銀行が休業となる曜日もその日のうちには対応ができません。

 

三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座をお持ちの方なら、22時までの口座登録で時間や曜日を問わない最短10秒振り込みの瞬フリが可能となりますが、金融機関が限定されることで今すぐ借りたい場合には対応ができない可能性もあります。

 

振り込み時間外や対応外の曜日の場合

平日であっても14時を過ぎてしまっている、申し込みから審査と契約までかかる時間を考えるとWeb契約の完了が14時を過ぎそう、申し込み日が土日祝日であるといった場合には、銀行振り込み以外での借り方を考える必要があります。

 

振り込み対応外の時間や曜日の場合には、まずはネットで申し込みを行ってから、近くのプロミス契約機でカードを受け取ると、その日のうちにすぐにお金が借りられるようにもなります。

 

プロミスは14時以降でも22時までは対応をしているため、振り込み時間外でも土日祝日でも、契約機を利用するのであればその日のうちの手続きが可能です。ただ、営業自体は22時までとなっていますが、審査回答は21時で締め切ってしまうため、当日中にすぐにプロミスで借りたい場合には早い時間に予めネットから審査だけは受けておくべきです。

 

多くのATMで素早く借りられる

契約機での契約手続きを終えてカードを受け取った後は、ATMで素早くお金が借りられるようになります。プロミスATMの他に全国のコンビニや金融機関の提携ATMで限度額内の繰り返しの借り入れが利用できるため、今だけでなく今後に突然の出費が重なるような状況にも頼れます。

 

プロミスATM、三井住友銀行ATM利用においては手数料がかからないために返済時の利息負担だけを考えておけば良いですが、コンビニや提携金融機関のATMでカードを使う際には手数料がかかるために注意が必要です。

 

どうしても今すぐにお金が必要で借りたい、借りなければならないといった場合であれば仕方がありませんが、なるべくなら余計な出費となる提携ATMの利用手数料はかけずに借り入れや返済を行うようにしたいものです。

 

契約後のインターネットを利用する借り入れや返済なら手数料がかからない方法もあるので、より便利に無駄なくプロミスを利用するためにも、すぐに借りる早さの面だけでなく手数料も気にしておくと良いでしょう。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスではインターネットでの申し込みで、パソコンやスマートフォンから平日14時までにWeb契約を完了させることで申し込み当日の振り込み即日キャッシングも可能としています。素早い審査回答と素早い融資で人気を集めている大手消費者金融のプロミスは、そういった事からも「はじめてのキャッシング」という方からも人気が高くなっています。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

今日中に借りたい方は、ネットでの来店不要契約なら平日14時までに、自動契約機に行ける方なら14時以降でも週末でも、最短で当日中のプロミスでの借り入れも可能となります。