MENU

カードローンコラム記事一覧

カードローンを利用しているユーザーが徐々に増えていますが、カードローン自体は何に利用していくのが望ましいのか、少し考えている方も多いでしょう。実は、カードローンは色々な使い方に対応している商品で、小さい借金から大きな借金まで活用できます。ただ、金利の都合等もありますので、借金の返済に苦労しないように心がけていく必要があるでしょう。カードローンは利用限度額内であればいつでも利用できるサービスカードロ...

カードローンを利用したいと思っている方は、総量規制という法律を知っていたほうがいいでしょう。年収の1/3以上を借りないように、国が対策として取り入れている方法です。適応されている会社からは、年収の1/3以上は借りることができなくなり、利用限度額は厳しく制限されています。ただ、総量規制については、適応されていないカードローンもあります。適応される条件について知っておくことも大事です。総量規制は消費者...

カードローンを利用したいと考えている方も、1,000円以下で借りられるのか気になるかもしれません。カードローンの最低利用額は1万円に設定されているところが多いため、1,000円以下でも借りられるのかという疑問が生まれるためです。本当に1,000円以下でもカードローンを利用できるのか、利用できるサービスなどの説明と合わせて、カードローンに適応されている最低限の借り入れ金額を説明します。銀行系カードロ...

お金を借りる方の中に、100万円という数字を1つの目安とされている方もいるでしょう。100万円を借りれば色々と必要なものを購入できるだけでなく、足りないお金をカバーした上である程度余裕を持った借り入れが可能です。しかし、返済のことを考えていないと、大きな損失を計上するケースも出てきます。今回は、100万円を借りた場合、カードローンを活用している場合の返済額について説明します。カードローンで100万...

カードローンを利用している方の多くが、利息が大きくなるのではないかという不安を抱えています。実際に利息というのは非常に大きくなる傾向もありますし、支払いの方法によっては元本すら返済できない状況に追い込まれてしまうのです。今回は、100万円を借りるとした場合に、利息がどれくらいまで膨らんでしまうのかを説明します。カードローンでの100万円借り入れはかなり利息が大きいカードローンを利用して100万円を...

利用限度額を100万円以上にすると、カードローンの金利が軽減され、より借り入れで使いやすくなります。しかし、カードローンの利用限度額を100万円以上に持っていくのは非常に難しいもので、会社によってはそう簡単にできないケースもあります。どうしても100万円以上の利用限度額を作りたいと思っているなら、申し込みを行うカードローンの会社、そしてカードローンの返済という部分に着目しましょう。カードローンの利...

カードローンは、いつまでも利用していいものではありません。お金を借りたら絶対に返さなければなりませんから、当然返済を行うための計画を作ります。この計画の際に気を付けておきたいことが、カードローンは10年以内に返済を終えなければ、最後の1ヶ月で全額の返済を要求される可能性もあるということです。全額の返済ができない場合は、滞納扱いとなり遅延損害金が発生します。カードローンは原則として10年以内の返済が...

カードローンで10万円を借りた場合、どれくらいの返済期間が必要となるのか、しっかりと考えて計画を作ることも大事です。カードローンには、最低限の返済額が設定されています。この返済額よりも高い金額を返して、10万円という元本をいかに早く消化していくのかが重要です。消化のペースが遅れてしまうと、利息の負担が増えてしまいます。10万円は決して安い金額ではないと自覚しよう一見すると、カードローンで10万円と...

カードローンは、2社以上と契約しても問題はありません。返済できる能力さえ持っているなら、自由に借金を行える仕組みです。ただ、カードローンの契約を行う際に、借金について申告が必要です。申告をしないまま利用していることがわかってしまうと、審査に落ちる原因ともなりかねないためです。2社以上との契約を考えている方は、申し込みを行う際に返済がしっかりとできている証明を出せるように、準備を進めることが大事です...

2社以上のカードローンと契約をしている場合、当然ながら毎月の返済は別々に支払いを行います。別々に支払いを行うのはいいのですが、結局カードローンの利息が高くなってしまい、どんどん返済の負担は増えてしまいます。自己負担が非常に大きくなる問題を抱えている以上、できる限り返済する会社の数は1つにまとめたいものです。どうしてもカードローンの返済を1社にまとめたいと思っている方は、おまとめローンを利用するなど...

カードローンの契約は、複数の会社と契約しても問題はありません。むしろ、使いやすいカードローンを見つけたのであれば、積極的に契約を行って、低金利での借り入れを目指していくといいでしょう。ただ、既に借り入れを行っている人は、借金を抱えている状態で審査を受けるので、3社以上のカードローンを持つのはかなり難しくなります。3社以上のカードローン契約の注意点3社以上と契約してカードローンを利用したいと考えてい...

あまり気にする方はいないかもしれませんが、カードローンは年齢制限をもった商品です。一定の年齢に達していない人は使えず、そして年齢の上限をオーバーしている方も使えません。多くのカードローンが、70歳程度を目安として年齢制限を設けています。しかし、近年は70歳くらいでも仕事をしている方がいるので、70歳を超えている方でもカードローンを使えるように、年齢制限を変えている会社も徐々に増えてきました。カード...

アリバイ会社というサービスを知っている方はそんなに多くないかもしれません。仕事をしているように見せかけられたり、他の仕事をしているように書類を作れるメリットを持っています。しかし、カードローンの申し込みではアリバイ会社を使ってはいけません。アリバイ会社を利用しても、在籍確認を行えばすぐにわかってしまいます。そもそもアリバイ会社を使ってカードローンの審査に通るとなれば、それはほとんど審査がないのと同...

多くの会社がカードローンを提供していますが、おすすめとされるカードローンは限られています。審査の状況なども気になるところではありますが、やはりいいと思えるカードローンは、低金利で利用限度額が高い商品です。実際に使って借入の安心感を得られるものでなければ、継続してカードローンを使うことはできないでしょう。お金を借りる手段にはカードローンの他にクレジットカードのキャッシングなどもありますが、現金として...

お金が必要でカードを使いたいと思っても使えない状態に直面する、もしくはキャッシュカードを忘れてしまうということもあるでしょう。そうした状態に直面した時、一番助けになってくれるのはカードローンです。カードローンを利用していることで、キャッシュカードと同じような効果をもたらせるのです。借金であるために利用の際には注意が必要となりますが、しっかりと考えて使えばカードローンはお金にピンチに役立つ、大変便利...

キャッシングを利用できるサイトや、カードローンの紹介を行っているサイトで、お試し診断という制度が導入されています。これは、実際にカードローンの審査を受けられるのかを含めて、先に審査の情報を見分けられます。この方法を利用していると、キャッシングなどの不安を一掃できるのです。ただ、頼りすぎることは良くありませんので、参考程度に考えておくのが望ましいでしょう。お試し診断は審査を通過できるかどうかを示すお...

カードローンと書かれている商品は、カードを持っていないと借りられないように感じるでしょう。しかし、実際にはカードを持っていなくても、ネットから融資を受けられるサービスが用意されています。外出先ではカードを持っていなければ借りられませんが、自宅に居る場合はネット上でマイページから融資を受けることが可能ですので、カードを持っていなくても借りられる可能性があります。ネットから融資を受ける際はカードなしで...

カードローンとクレジットカードは似たような商品と思われていますが、実際には全く違う商品です。しかも、カードローンとクレジットカードは、利用する場面が違います。利用するタイミングなどをしっかりと考えれば、間違えることはほぼありません。実際にクレジットカードとカードローンの違いとして挙げられる内容は3つあります。クレジットカードは買い物で出せるがカードローンは出せないクレジットカードは、通販や店頭での...

今の時代は、コンビニで様々な手続きが可能になりました。お金に関連する手続きも多く利用できるようになり、最近はコンビニでお金をおろしている方も多くなりました。カードローンの利用についても、コンビニで使えることを理解しておくと、とても使いやすいと感じられるかもしれません。コンビニのATMは、消費者金融を中心に多くの会社と契約を行っています。コンビニATMと提携を行う会社が増加中コンビニのATMは、銀行...

お金をすぐに借りたいと思っている方は、カードローンという選択を考えてみるのも良いでしょう。カードローンの中には素早い審査で対応する会社が増えており、ローンカードを持っているだけで色々な場所でお金を借りられる良さがあり、すぐ借りたいと思っている気持ちを満たしてくれるのです。カードローンがなぜここまで早くできるのかは、審査の対応などが影響しています。カードローンの審査は素早く丁寧に行われているいくら早...

カードローンを利用している人の中には、その日に返済する方法を使える場合があります。どうしてもお金がないときやお金が足りないと感じて使ったけど、やっぱりお金が余っていて、返済できる能力を持っていたことがわかるためです。こうしたカードローンをその日のうちに返済すると、いったい利息はどのように扱われるのかを説明します。カードローンの利息は0日扱いとなりかからないその日に返済していく場合、カードローンは0...

マイホーム用の資金として、住宅ローンなどが多く利用されます。住宅ローンと契約をしているユーザーは非常に多いですし、今はマイナス金利もありますので住宅ローンは便利でしょう。しかし、住宅ローンには制約が多いことに加えて、審査を通過できない人もいます。もしかしたら、カードローンで住宅用の資金を捻出できないか考えている方もいるでしょう。そんな人のために、実際にカードローンで資金を捻出できるのか説明します。...

カードローンによって、引き出し方は若干異なりますが、大体同じ方法を採用しています。利用している方法によって、カードローンで気軽に借りられるものもあれば、ちょっと難しいと感じることもあるでしょう。引き出し方の種類だけでなく、使いやすい方法なのかについても知っておくとカードローンが良い便利に使えるようになります。大きな出費がかさんでしまってすぐにお金がほしいとき、通販で買った後払いの支払いが迫っている...

カードローン返済の延滞を続けているユーザーは、次々と返済の問題に直面します。遅延損害金を支払うことも大変ですが、次のカードローンと契約を行いたい方も、結局カードローンの契約ができないのです。返済していない情報は、全ての会社が情報として把握しているものです。これから新しい会社と契約をしようと思ったら、延滞していることを把握されてカードローンの審査に落とされることもあります。延滞は信用情報機関に掲載さ...

すぐ借りれるというメリットは、カードローンにとって大きなものでしょう。逆に言えば、すぐ借りれる方法を利用する場合は、妥協することも大事なのです。妥協ができないままカードローンの契約を模索していると、どんどん選択肢が狭まってしまいます。大事なことは、とにかくカードローンという商品が素早く発行できる代わりに、自分が妥協する点を見つけることでしょう。カードローンは利用限度額を下げて考えることも大事利用限...

カードローンの引き落とし日は、提供している銀行や消費者金融によって変わります。ATMでの入金による返済であればいくつかの返済期日から選べるようになっている場合がありますが、引き落としでの返済の場合には期日が選択できないカードローンがほとんどです。引き落とし日にお金が足りなかった場合は、残念ながら引き落としが行われません。この場合は、一定の期間までに入金するか、別の方法でお金を返さなければなりません...

ノンバンク系のカードローンも多く発行されています。しかし、ノンバンクというのはどのような形式に該当するのか、わかっていない方も結構多いのです。ノンバンクという情報を知っておくことに加えて、ノンバンクのメリットとデメリットについても理解しておきましょう。銀行業務を行っていないものがノンバンク銀行のカードローンは、預け入れの業務などを行っていますのでノンバンクに入りません。ノンバンクという用語は、銀行...

カードローンの多くが、ネット審査を採用するようになりました。ネット審査というのは、インターネット上で申し込みを行い、審査を受ける方法です。この方法によって、ネット上で簡単に申し込みが可能になったほか、カードローンの審査にかかる時間もかなり短くなりました。ネット審査を受けることは、カードローンの発行では当然必要である行為なのです。カードローンの基本としてネット審査が使われる審査を受ける際に、ネット上...

一括返済という方法はクレジットカードだと1回払いといった形で利用されるケースが少なくありません。しかし、カードローンで利用している人はそんなにいないのです。最大の理由は、カードローンは借りる金額が大きすぎることで、利用している額に対してお金を準備できないためです。しかし、色々な事情があり一括返済を希望している方もいます。一括返済を行う場合には、どのような手続きが必要なのかも説明します。一括返済は全...

カードローンの契約は難しい手続きなく自由に契約を解除できる仕組みです。しかし、全ての人が解約ができるわけではなく、状況によっては解約ができる人とできない人が存在します。解約ができない理由は、カードローンの契約解除を行えない要因があるためです。どうしても必要のないカードローンとの契約を解除したい方は、解約を希望する際に必要な手続きを3つ知っておきましょう。解約手続きに入る前に行っておくべき3つの手順...

カードローンの返済に苦労してなかなか残高が減らないなと思っている方は、返済している金額が小さいことも関連しています。なかなか減らない理由として最も多いのが、返済額を最小限に抑えているためです。貸している会社が、最低限度の返済額として定めている金額は、元本があまり減っていかないことに加えて、カードローンの利息を増やす原因でもあります。なかなかカードローンの返済額が減らない仕組みカードローンは、利息に...

住宅ローンなどは、マイナス金利の影響を受けて徐々にですが金利が下がったことがあります。マイナス金利によって、銀行側としては非常に嫌な状況に陥っています。金利による収入を得られなくなり、住宅ローンの契約はユーザー側が圧倒的に有利です。しかし、カードローンはマイナス金利の影響を受けていません。マイナス金利によって金利が下げられている商品もほとんどなく、基本的にはカードローンの金利は変わっていないのです...

どちらかというとクレジットカードでよく聞くイメージがあるリボ払いは、元々カードローンで多く採用されている方法です。リボ払いは、一定の金額だけを毎月返済していく方法で、その金額分にプラスして利息を支払っていれば、返済を任意の金額で続けられる良さを持っています。リボ払いを利用している方は、カードローンの返済を有効に進められるのはいいことです。しかし、リボ払いにも1つの問題が存在しているので気を付けてく...

カードローンの中には、かなり高額な金銭を借りられる商品もあります。100万円以上の利用限度額を手に入れれば、高額な借り入れにカードローンを採用できるでしょう。ただ、カードローンの中には、高額な借り入れを行うメリットもあれば、あまり良くないデメリットもあります。両方をしっかりと確認してから契約を行ったほうがいいのです。カードローンで高額なお金を借りるメリットカードローンを利用しているユーザーが高額な...

メガバンクというのは日本が誇る3大銀行の三菱UFJ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行のことで、その多くが大きな資産規模を持っています。そして、カードローンのサービスも導入しており、多くのユーザーにカードローンによってお金を貸しています。カードローンも、メガバンクが提供している商品は、比較的金利が低く、さらに利用限度額も大きく設定されています。メガバンクは限度額の高いカードローンを提供するメガバンクが提...

多くのカードローンと契約している方は、このままカードローンを1つにまとめないで、返済を続けてもいいのか不安に感じることもあるでしょう。カードローンの場合は、まとめることで返済額を抑える方法も準備されています。なるべくカードローンの返済を早めたいと思っている方は、契約しているカードローンをまとめる方法を使って、より返済をしやすい手法を考えておきましょう。返済しやすいカードローンと契約を行おう現在カー...

引っ越しの費用はとても高い傾向にあり、何とかしてお金を借りて引っ越し作業を行いたいと考える方もいるでしょう。そうした場合にカードローンを利用する方法があります。カードローンを利用していることで、引っ越しにかかる費用をしっかりと捻出し、引っ越しの負担を軽減してくれるのです。カードローンの用途は決められていない銀行が提供しているマイカーローンや住宅ローンのように、用途が決められている方法もあります。用...

カードローンは、何といっても使いやすい商品であることは間違いありません。しかし、カードローンの良い使い方を知っておかないと、間違った使い方で損失を増やしてしまいます。あまり大きな損失を作らないようにするためにも、できる限り利用しやすいカードローンの方法について考えておきましょう。カードローンは無理をして借りるものではないカードローンに頼りすぎるのはよくありません。その理由は返済額が増えてしまうこと...

カードローンを提供している各社、各サービスの多くでは、返済シミュレーションも準備しています。返済に困らないように、返済を行う計画を作れるように調整しているのです。この返済シミュレーションを活用しているだけで、ある程度カードローンの返済計画を作ることが可能です。カードローンの返済計画を作りたい方には便利な返済シミュレーションですが、実際に使って返済の計画を立てられるのかを説明します。返済シミュレーシ...

生活に苦労している方、毎月のお小遣いが厳しいと感じている方は、カードローンを利用してお金を調達するといいでしょう。カードローンは、ちょっとだけお金を借りるときにも便利で、給料日などに合わせて返済が可能です。カードローンは、生活に苦労している方はもちろんですが、それ以外にも何か欲しい商品ができた時にも利用できる便利な商品です。苦しい生活にはカードローンで借りるのもあり生活に苦しんでいて、毎月の生活費...

高額融資にも対応しているカードローンは多くありますが、実際には高額融資にはあまりカードローンは向いていません。最大の理由は金利の数字が高いことで、返済額が増えてしまうためです。他のローンに比べて、低金利で提供しているサービスではありません。カードローンは少し高い金利を適用されることが多いので、小さい借入に利用していくことが望ましいのです。カードローンは金利が他のローンよりも高い金利を少し高くしてい...

カードローンは、一定の期間で契約の更新を行っています。契約の更新を行うタイミングで、今までの利用状況や収入などの変化等を踏まえて審査を行っています。この審査に落とされてしまった場合は、カードローンの利用ができなくなります。また、審査に落とされてしまった段階で、まだ返済が完了していない場合は一括での返済を求められてしまう場合もあるので更新の審査には気を付けなければなりません。カードローンは定期的に審...

カードローンは、繰り上げ返済という方法も使われています。この方法は、より多くの金額を返済に回すことで、完済までの時間を減らせるメリットを持っています。特にボーナスを利用している繰り上げ返済はとても効果的で、多くの方がその効果を実感できることと、毎月の返済額を小さくしても返済が早まる良さを持っているのです。繰り上げ返済によって返済額を抑える繰り上げ返済という返済の方法はカードローンでも多く利用されて...

多くの方は、カードローンの契約期限を知らないまま利用しているかもしれません。実はカードローンには契約期限が設けられていて、この期限を超えてしまった場合は、カードローンの会社が定めている方法によって返済を行います。契約期限はカードローンによって若干異なりますが、どのカードローンも10年程度を目安としており、この期限を超えてしまった場合は以後の借り入れは利用ができなくなります。カードローンの契約期限ま...

カードローンの審査は、運転免許証を持っていると便利です。運転免許証であれば顔写真付きの証明書として使えるため、申し込み時に使う本人確認書類としての信頼性が高いのです。ところが、免許を持っていない人は運転免許証を出せないため、本人確認書類として利用できない問題があります。そこで、健康保険証を提出する方法もあります。しかし、健康保険証を提出する場合には、いくつかの注意点を守らなければなりません。健康保...

カードローンの審査を行う場合には、状況によって勤め先に電話連絡が入る場合があります。契約の際に必要となる連絡としては、勤め先に本当に在籍しているのかの確認を行う在籍確認の電話連絡があります。ただ、それだけでなく別の理由でカードローンの利用中に勤め先に連絡を入れてくる可能性もあります。代表的なものとしては、カードローンの返済遅延が起きている場合などは、勤め先に電話を入れられてもおかしくない状態です。...

カードローンの返済が上手に進んでいない状態は危ない傾向があります。特に返済額を抑えているような方法だと、かなり返済は危ないと判断できるのです。理由としてはカードローンの残高が減っていないことを確認できず、いつまでも返済が続いてしまうのです。これからカードローンを利用したいと思っている方は、なるべくカードローンの返済額を増やすようにして、残高が減っていることを常に確認する癖をつけるようにしてください...

過去にカードローンを利用していた方の中には、急な出費でお金が足りない、すぐにお金がほしいなどでもう一度同じカードローンで契約したいと考える方もいるでしょう。特に問題がなく利用をしていたのであればカードローンの再契約は可能ですが、審査は過去に利用していることを省いて考えられる可能性があります。最初から厳しい審査を受けることになりますので、審査に落とされる可能性もそれなりにあると考える必要があります。...

カードローンの返済を安くしたいと思っているなら、金利を下げることが当然必要です。低金利で借りている会社の方が、圧倒的に返済額は小さくなるためです。金利の数字は、後から簡単に変更できるものでもありません。カードローンの発行時に決めることとなりますので、金利の数字を比較してからカードローンの発行を行ってください。金利は利用限度額を引き上げなければ変更されにくいカードローンの仕組みとして、金利は利用限度...

色々なカードローンが登場している中、利用限度額という部分が違ったカードローンも多数発行されています。この利用限度額は、カードローンで借りられる金額を定めて、利用できる範囲を決定する重要なポイントです。多くのカードローンが、近年利用限度額の引き上げを行っています。これまで借りられなかった金額が借りられるようになり、より一般的なローンにカードローンが近づいているのです。借りられるお金は増えた?昔のカー...

何度もカードローンの利用を繰り返すことになれば、結局カードローンに頼りがちの生活を送ってしまうでしょう。一見すると良くないように思われる行為ですが、将来的にカードローンと長く付き合っていきたいと思っているなら、この方法はとても適しているのです。カードローンという商品は、利用を繰り返すことで多くの信頼度を得られます。これは利用限度額を増やすことにつながり、将来的に金利を小さくできるメリットを持ってい...

発行しているのに利用することもなく、カードローンを持つだけの人もいます。何らかのキャンペーンや必要に感じて申し込みをして発行したものの、実はカードローンを利用する意思がなく、ただ持つだけという人も結構います。こうしたカードローンを持つだけというのは、リスクの高い方法でもありますが、実際にはメリットも存在しているのです。カードローンを持つだけのメリットカードローンを持つメリットは、いざという時に借り...

カードローンは、来店不要のWeb契約とすると基本的に契約後は自宅宛に郵送がされます。自宅にカードを送付して、受け取った本人に対する最終確認をする意味も込められています。しかし、自宅にカードを送られるのは、家族にカードローンを使っていると気付かれてしまう可能性があります。カードローンを使っているように思われないためにも、自宅以外の場所でカードローンを受け取る方法も考えてください。郵送に関しては基本的...

カードローンを利用する際、取引目的が問題視されるとカードローンを使えなくなります。同時に、カードローンを発行するならば、正しい取引目的で利用しなければなりません。近年は取引目的の違反をしっかりと考えたり、確認作業をしっかり取っています。もしカードローンの違反が発覚するようであれば、カードローンの利用取り消し、もしくはカードローンの強制退会というのも迫られてしまいます。カードローンの違反はとても重大...

カードローンを提供している会社はとても多く、複数の会社と契約のできる方法もあります。しかし、契約している会社が多くなればなるほど、自分に対する信頼性は失われるのではないかと思われて、審査に落とされる可能性も高まってしまうのです。一応カードローンというのは、契約できる会社を何社増やしても構いません。しかし、契約している会社が多くなればなるほど、審査の基準は厳しくなってしまうのです。複数の会社と契約し...

カードローンは、利息の計算が毎日のように行われています。この計算をカードローンの会社は自動的に行っていることで、間違いのない利息の情報を提供しているのです。利息の計算方法はとても単純なものではありますが、返済を行ったタイミングなどで金額が少し変わる可能性もありますので、思っていたよりも利息が小さく抑えられることもあります。カードローンの利息を計算する方法個人でもカードローンの利息を計算する方法があ...

カードローンの申し込みから審査までの流れの中では在籍確認が行われています。在籍確認は会社に所属していることを確認し、本当に仕事をしているのかを判断するために行っています。仕事をしていないのに在籍しているように見せかける行為、もしくはアリバイ会社などを利用している不正行為を取り除くために行っています。この在籍確認を行っている場合、もしかしたら会社にカードローンの申し込みが気づかれる可能性もあるのです...