MENU

多重申し込みはしないようにする

お金がどうしても必要、今日や明日にはいくらか用意しないとまずいといった状況になると、焦ってしまってプロミスや他の消費者金融に同時にいくつも申し込みをしてしまう場合があります。いくつも審査を受ければどこかは通るだろうと考えれば効率が良いように思えますが、実際には正反対となります。

 

大手の消費者金融や銀行のカードローンは特にそうですが、他のカードローンやキャッシングサービスに申し込みを行っているのが分かると、審査は慎重になります。いくつも同時に借りようとして少し怪しい、本当に返せるのかと疑われてしまうためで、審査に時間がかかる原因になってしまったり、または審査落ちとなる可能性すらもあります。

 

どうしても必要だからといくつも申し込みをしたのに、結果として全てで審査落ちとなってしまい、結局はどこからも借りられないといった最悪のケースすらも考えられるのです。

 

履歴は信用情報機関に残る

今ではキャッシングの利用をする際には、信用情報機関に情報の照会、記録が行われます。申し込みの情報も半年間は情報参照履歴として残るので、いくつも審査を受けていればすぐに分かります。

 

同時に申し込めばバレないだろうと考えていても分かってしまうため、なるべく複数への同時期の申し込みはしないようにし、慎重に手続きを進めるようにした方が良いです。

 

多重申し込みは審査に不利になるだけでなく、審査落ちとなるとしても回答に時間を要してしまう場合もあります。借りられないなら借りられないで早めの審査回答となった方が次の資金繰りも考えられるので、余計に審査時間をかけないためにも多重申し込みは行うべきではありません。

 

何社までOKかは分からない

多重申し込みが審査で不利になると言われているのはあくまで傾向であり、何社以上の申し込みで審査落ちとなるかは分かりません。各サービスの審査基準による部分となるため、公表がされていない審査基準をクリアしたいと考えるなら、不利になる申し込みの進め方はすべきではないのです。

 

プロミスにおいても多重申し込みを行うと、どの程度の件数で審査落ちに繋がるのかは分かりません。プロミスともう一つのカードローンに申し込んだ時点で審査落ちとなる可能性もあれば、その他の収入や信用情報などによっては大目に見てくれる場合もあるかもしれません。

 

正確なNGとなる件数が分からない以上は余計な申し込みは行うべきではなく、他社での利用を考えるとしてもプロミスの審査結果が出てからとすべきです。そこまで焦らなくてもプロミスの審査回答は最短30分と早いので、まずはプロミスだけの申し込みに控えておき、その後の利用をどのようにするかを考えるようにしましょう。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスではインターネットでの申し込みで、パソコンやスマートフォンから平日14時までにWeb契約を完了させることで申し込み当日の振り込み即日キャッシングも可能としています。素早い審査回答と素早い融資で人気を集めている大手消費者金融のプロミスは、そういった事からも「はじめてのキャッシング」という方からも人気が高くなっています。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

今日中に借りたい方は、ネットでの来店不要契約なら平日14時までに、自動契約機に行ける方なら14時以降でも週末でも、最短で当日中のプロミスでの借り入れも可能となります。