MENU

プロミスで即日キャッシングも可能

突然訪れるお金のピンチに助かるのが、プロミスでの即日キャッシングです。パソコンやスマートフォンを使ったインターネットでの申し込みで、来店不要の手続きからの申し込み当日の振り込みキャッシングにも対応しているので、忙しくて契約しに店舗までいけない方でも安心して最短即日のキャッシングの利用も可能となります。

 

来店不要で最短即日融資

ネットを使った手続きとなるため、契約や借り入れのために来店をする必要も無く、プロミスからの契約書類が自宅に届いても問題ないのであれば全て来店をせずに手続きを完了させることも可能です。

 

借り入れも振り込みとなるので面倒な手続きも必要なく、インターネットで振り込み指示を出せば、当日振り込み可能時間内で即日対応となります。時間外となってしまうと翌営業日扱いになりますが、間に合わない場合にはその他の方法で素早いプロミスの即日キャッシング融資も可能となっています。

 

素早い最短30分の審査回答

気になる借り入れに関する審査は、申し込みに必要な情報の入力をすると最短30分の審査回答となっています。スピーディな審査が魅力となり、プロミスでは手続きの開始から審査回答までは、スムーズにいけば時間はそこまでかかりません。

 

早い時間にインターネットでの申し込みを済ませ、平日14時までにWeb契約を完了させるとその日のうちに指定口座への振り込みも可能となるため、急な出費で早くに借りたい場合でも、プロミスなら即日キャッシングも可能な融資でしっかりと対応可能となっています。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスではインターネットでの申し込みで、パソコンやスマートフォンから平日14時までにWeb契約を完了させることで申し込み当日の振り込み即日キャッシングも可能としています。素早い審査回答と素早い融資で人気を集めている大手消費者金融のプロミスは、そういった事からも「はじめてのキャッシング」という方からも人気が高くなっています。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

今日中に借りたい方は、ネットでの来店不要契約なら平日14時までに、自動契約機に行ける方なら14時以降でも週末でも、最短で当日中のプロミスでの借り入れも可能となります。

 

週末でもプロミスなら借りられる

通常の振り込みによる即日キャッシング融資は平日の14時までに限られますが、プロミスでは次の何れかの方法により、週末の土曜や日曜でも即日での融資も可能となっています。申し込み時間によっては翌営業日の扱いとなってしまう場合もあるため、どちらにしてもまずはネットから予め申し込みを済ませておくと良いでしょう。

 

契約機でカード受け取り

ネット申し込み後に近くのプロミス契約機でカードを受け取る方法であれば、契約機の営業時間内なら夜でも対応も可能となります。ただ、営業時間は場所によって異なることや、先に審査回答を締め切ってしまうため、事前にプロミス公式サイトで確認と、ネットでの申し込みをしておくのがポイントとなります。

 

瞬フリで24時間最短10秒振込

ジャパンネット銀行か三井住友銀行の口座をお持ちの方なら、プロミスの「瞬フリ」で曜日は問わない24時間最短10秒の振り込み融資の利用も可能です。申し込み当日にも利用が出来ますが、口座の登録は22時までの制限があるため、Web契約をした後に口座の登録だけは済ませておくと良いです。

 

指定の口座があれば瞬フリが便利
ジャパンネット銀行か三井住友銀行に限られてしまいますが、口座をお持ちの方なら瞬フリによる即日融資が便利です。週末でもプロミスの契約機まで行かずにお金が借りられるため、手軽に借りたい方に適しています。詳しい利用方法や条件につきましては、プロミス公式サイトでご確認下さい。

 

プロミスの金利や限度額を知っておく

平日14時までのWeb契約なら即日振り込みも可能なプロミスの基本情報はこちらになります。借り入れをするのであれば審査の素早さや即日キャッシングのことだけでなく、しっかりと各借り入れ条件は知っておくべきですので、計画的なプロミスでの借り入れのためにも金利などでの利息、借り入れ限度額などの事を把握しておくと良いでしょう。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスではインターネットでの申し込みで、パソコンやスマートフォンから平日14時までにWeb契約を完了させることで申し込み当日の振り込み即日キャッシングも可能としています。素早い審査回答と素早い融資で人気を集めている大手消費者金融のプロミスは、そういった事からも「はじめてのキャッシング」という方からも人気が高くなっています。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

今日中に借りたい方は、ネットでの来店不要契約なら平日14時までに、自動契約機に行ける方なら14時以降でも週末でも、最短で当日中のプロミスでの借り入れも可能となります。

 

プロミスの30日間無利息サービス

手続きが素早いだけがプロミスの特徴ではなく、利息負担の軽減、利息の節約が出来る借り入れというのもプロミスが人気の理由でもあります。

 

メールアドレスと便利で安心のWeb明細利用の登録を済ませることで、初回の借り入れに関しては30日間無利息で借りる事も出来ます。丸々一ヶ月ほどが無利息となるわけで、例えば30万円の借り入れで実質年率が17.8%とすると4,389円の利息、100万円の借り入れで実質年率が15.0%とすると12,328円もの利息が節約できることになります。

 

特にデメリットはなくプロミスでの利息の負担を軽く出来るので、プロミスでの加入時は30日間無利息サービスを利用しておくと良いでしょう。もし分割払いではなく一括で30日間以内に返してしまえば利息も発生しませんので、非常にお得なプロミス即日キャッシングが出来るということにもなります。

 

 

プロミスの利息の事を知っておく

無利息キャッシングも可能なプロミスですが、その期間を過ぎれば通常通りの利息が発生します。そこで、ここではプロミスキャッシングの利息についての基本をまとめておきましたので、スムーズな返済をするためにも借り入れ前にしっかりと理解をしておくと良いでしょう。

 

まず基本としてのキャッシングの利息計算ですが、以下のような計算式によって算出されています。毎月の返済時にはこの計算式を元に利息が出され、元金の分割分(分割払い時)とここでの利息を乗せた分の支払いをするということになります。

 

利息 = 借り入れ残高×実質年率÷365日(うるう年は366日)×借り入れ日数

 

単純なことですが借り入れ金額が増えれば増えるほど、借り入れ日数が長くなればなるほどに利息が高くなり、言うまでもなく金利も高ければ高いほどに利息負担が増大します。逆に言えば、借り入れ金額を少なくすれば利息は安くなり、同じように借り入れ日数を短くすればキャッシングの利息の負担を減らすことが出来ます。

 

一括で返せるなら一括返済がお得

分割払い時には借り入れ日数を短くするのは難しいですが、一括で返せるような少額の借り入れをする場合は、なるべく借り入れを行う日にちを先延ばしにしてギリギリまで引っ張り、出来れば数日中に返済が出来るようにしておくと利息の負担も軽く出来て返済が楽になります。

 

以下の表が借り入れ日数と利息の関係となり、これを見ても分かるように日数を短くすればキャッシングの利息というものは微々たる金額しか発生しないようになるのです。

 

実質年率17.8%で借りた場合の利息目安
利用金額 3日間 7日間 30日間
30,000円 43円 102円 438円
50,000円 73円 170円 731円
70,000円 102円 238円 1,024円
10万円 146円 341円 1,463円

 

借りる期間が短ければ利息も少ない

10万円程度の金額の借り入れであっても、借り入れ日数を10日以内などに抑えると利息は数十円から数百円ほどしか発生しません。銀行のATMの時間外手数料やコンビニATM手数料などを考えれば下手したらこちらの利息の方が安い場合もあり、一般的に言われているプロミスを含む消費者金融でのキャッシングは利息が高いというのも、そこまで正しいことではないと言うこともできます。

 

プロミスの申し込みについて

計画性を持って無理なく借り入れを行えば利息の負担も抑えられ、急な出費にも頼れるのがプロミスでの即日キャッシングです。早くに借りたい場合はインターネットからの申し込みが便利ですので、借りすぎないように自分の収入と支出のバランスを考えた借り入れ金額での利用をするようにする事が重要です。

 

また、アルバイトやパートの方であっても収入があれば申し込みを行う事が出来ますので、審査が不安という方は申し込みを行う前にプロミスのホームページ上で「借入診断」を行い、融資が可能であるかどうかというのを簡単にチェックしてみると良いでしょう。

 

診断自体は3項目の入力ですぐに結果を見ることが出来ますので、即日キャッシングを希望する借り入れまで急いでいるという方にもおすすめです。

 

返済を考えて借りる

プロミスのキャッシングを安心して利用をするなら、返済を考えた借り入れを行うようにしましょう。いくら借りたらいくらの返済になるのか、プロミスのキャッシングにおける返済の基本を申し込み前に確認しておく必要があります。

 

大手の消費者金融の中でもプロミスは毎月の返済金額が少なく抑えられているので、多くの返済ができない方でもキャッシングの利用が可能です。例えば毎月数千円の返済までしか行えない方でも、借り入れの金額をセーブすれば無理のない計画で返済が進められます。

 

プロミスの毎月の返済金額は借り入れ残高によって決まるため、限度額がいくらであっても借りる金額を多くしなければ約定返済金額は大きくなりません。お金に余裕があるときには任意での返済も可能となるため、借り入れ残高を抑えて返済を小さな金額で行えるようにしておけば、余裕のある返済でプロミスのキャッシングが利用できるのです。

 

借り入れ残高が5万円以下

毎月の約定返済金額は2,000円

 

借り入れ残高が10万円以下

毎月の約定返済金額は4,000円

 

借り入れ残高が20万円以下

毎月の約定返済金額は8,000円

 

借り入れ残高が30万円以下

毎月の約定返済金額は11,000円

 

毎月の返済が2,000円~3,000円ほどしか行えないのであれば、プロミスでのキャッシング利用は5万円までにしておけば良いです。5万円以下の借り入れ残高であれば毎月の返済は2,000円となるので、まずは2,000円の返済だけ進められれば問題ありません。

 

お金に余裕があり、少し余剰資金があれば2,000円の返済をした後でも任意での入金を行え、任意での返済を進めておけばそれだけ借り入れ残高が減らせるので利息負担が軽くなります。利息が軽くなければ同じ返済金額でも残高が減らせるので、より効率的な返済ができるようになるのです。

 

返済金額には余裕が持てるプロミス

プロミスのキャッシングは金利だけを見ると高く感じる部分もありますが、毎月の返済金額を見ると優れた水準となっています。銀行のカードローンと比べても約定返済金額は少なく抑えられているので、毎月の返済金額を重視する方にも適するキャッシングとなります。

 

ただ、毎月の返済を最低額で進めると最終的な利息総額、支払いの総額が大きく膨らんでしまうので、可能であれば最低額だけでなく余裕があるときには多めの返済を進めるようにしたいものです。積極的に返済を進め、効率的なキャッシングとしてプロミスを活用していくようにしましょう。