MENU

主婦がプロミスで借りる条件

プロミスのカードローンキャッシングは主婦の方でも利用対象となっていますが、全ての主婦の方が借りられるわけではありません。主婦の方がプロミスからお金を借りるためには自身で安定した収入を得ていなければならず、収入を持たない主婦の方ではプロミスの審査には通過ができません。

 

配偶者に安定した収入があるとしても、利用者本人が収入を持たないとプロミスでの利用条件が満たせないので、自身で収入を持たない専業主婦の方では配偶者どれだけの収入があるとしても借りられません。

 

これはプロミスに限らず消費者金融全般に言える利用条件であり、特にプロミス以外の大手アコム、アイフル、モビットで見ても同様です。貸金業法で定める総量規制の関係で、自身で収入を持たないことには消費者金融での借り入れは基本的に利用ができないのです。

 

利用条件の基本は同じ

主婦が借りる場合においても主婦以外の方が借りる場合においても、プロミスでの利用条件は基本的に違いはありません。性別でももちろん同じであり、利用者本人が安定した収入を得ている必要があります。

 

主婦の方が借りるとするならパートなどによる毎月の安定した収入が必要となり、主婦の方だからといって特別に難しい条件が定められたり、何か他の書類が必要となるといったことはありません。

 

プロミスで主婦の方が借りるとするなら、他社での借り入れがなく50万円までの利用なら免許証だけで手続きが行えます。これは会社員などの主婦以外の方が借りる場合においても同様であり、素早い手続きでお金が借りられるようになっています。

 

専業主婦では利用ができない

貸金業法で定める総量規制は、借りすぎを防ぐために年収の3分の1までの借り入れと制限がされています。そのため、自身で収入を持たない専業主婦では収入がゼロとなり、3分の1の借り入れ枠もゼロとなってしまうので利用ができません。

 

一応は貸金業法では専業主婦の方でも、配偶者と収入を合算して借りられる配偶者貸付の制度が設けられています。専業主婦がお金を借りられないとなると闇金融などに手を出してしまわないように、配偶者に安定した収入があれば審査の結果次第で貸し付けても良いとするものです。

 

ただ、プロミスでは配偶者貸付の制度によるカードローンキャッシングの利用を認めていないので、専業主婦の方では借りられません。総量規制は貸付を禁止するものですが、配偶者貸付は貸付を強制するものではなく貸しても良いとする例外的な内容であるため、認めていないプロミスでは専業主婦では借りられないのです。

 

専業主婦が借りたい場合には

プロミスで借りられないとなると、専業主婦の方がお金に困ってしまったときにはどうすれば良いかと頭を抱えてしまいます。それこそ闇金融の利用しかないのかと思ってしまうものですが、大手以外の消費者金融であれば専業主婦の方でも配偶者貸付の制度で借りられる可能性があります。

 

配偶者に安定した収入があり、定める書類の提出や配偶者側での同意が取れる場合に限られますが、対応をする消費者金融なら大きな金額は難しくても、生活費として足りない分ぐらいなら借りられます。

 

借りるのであればしっかりとした返済の計画が欠かせないものの、配偶者の収入で借りるのであればプロミスではなく、対応をする消費者金融の利用を考えてみましょう。

 

プロミス

プロミスの特徴

プロミスではインターネットでの申し込みで、パソコンやスマートフォンから平日14時までにWeb契約を完了させることで申し込み当日の振り込み即日キャッシングも可能としています。素早い審査回答と素早い融資で人気を集めている大手消費者金融のプロミスは、そういった事からも「はじめてのキャッシング」という方からも人気が高くなっています。

実質年率 4.5%~17.8%
限度額 1~500万円
審査時間 最短30分回答
プロミスの総評

今日中に借りたい方は、ネットでの来店不要契約なら平日14時までに、自動契約機に行ける方なら14時以降でも週末でも、最短で当日中のプロミスでの借り入れも可能となります。